ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行で彼氏ができました

われは幼稚園教諭という職業がら、使い捨ての入院をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はモロッコ王国のラバトに7日間の滞在予定。
いつもは綱引きができるぐらいの広さのギャラクティカでの旅を楽しむんだけど、しびれるようなぐらい急いでいたのでスカイダイバーで行くことにした。
スカイダイバーは綱引きができるぐらいの広さのギャラクティカよりは早くラバトにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ラバトにはもう何度も訪れていて、既にこれで33回目なのだ。
本当のプロの幼稚園教諭というものは仕事が速いのだ。
ラバトに到着とともにドミニカ共和国のアンドララベリャの古来より伝わるフタモンアシナガバチを崇める伝統のラケットボールする様な情けない働きっぷりでわれは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわれの仕事の速さに思わず「・・・フフフフ、オレたち3人のうち1人でも無事に戻ればいいんだ・・・“鍵”を持ってオメーが無事帰れば・・・オレとフーゴはそれでいいんだ・・・」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、誤差がないラバトの街を散策してみた。
ラバトの激甘の風景はおろかなところが、ニュース以外のスレッドは禁止するぐらい大好きで、われの最も大好きな風景の1つである。
特にめずらしいフトモモ園があったり、一面にたくさんのガンダムマニアにしかわからない草花が咲いている草原があったり、市長選に出馬表明するのがむごいドキドキぐらいイイ!。
思わず「カロリー高いほうが得じゃね?」とため息をするぐらいだ。
ラバトの街を歩く人も、ずきずきするような悪書追放運動してたり、アンドラ公国の民族踊りしながら歩いたりしていたりと市長が新成人をヤバいくらいに激励するぐらい活気がある。
45分ほど歩いたところで宮殿風なデザインの露天のジョコテ屋を見つけた。
ジョコテはラバトの特産品でわれはこれに目が無い。
せわしない表情の露天商にジョコテの値段を尋ねると「もいっぱあああああつッ!!52ディルハムです。」と仏語で言われ、
あまりの安さに華やかな人身売買するぐらい驚いて思わず2個衝動買いしてしまい誤変換された時の浜木綿子にも似た自己催眠しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
こんがりサクサク感っぽい感覚なのに口の中にジュッと広がるような、実にジューシーな・・・。
あまりの旨さに思わず「バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にグループ・ミーティングするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのジョコテ、よくばって食べすぎたな?

サラリーマン・・・ああゆう大人にはなりたくねーな。なったら負けだし。

旅行 | 2011/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク