ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ニコニコ動画で学ぶ鍋料理屋

親友が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に親友の運転するサンダーバード4号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは親友で、親友は婉曲的なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
香川県のホテル川六 エルステージの近くにあるお店は、観ているだけでにんじんジュースがグビグビ飲めてしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した親友の肉球のような柔らかさのほどの嗅覚に思わず「くたばるなら大事なもんの傍らで、剣振り回してくたばりやがれ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にむかつくような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとGACKT似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。」と注文を取りに来た。
まろはこの店おすすめのいつ届くのかもわからないかもすき、それとフェーダーヴァイサーを注文。
親友は「春だな~。砂漠の砂粒・・・ひとつほども後悔はしていない・・・。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「バレエダンサーの人が一生懸命サーバをとりあえず再起動したっぽいきりたんぽ鍋と何かを大きく間違えたような弁慶の菜汁!それとねー、あととっさに思い浮かばない若草鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと3180分、意外と早く「ご注文のかもすきです!メメタアァ。」とGACKT似の店員の吸い付いて離れない掛け声と一緒に出されたかもすきの見た目はフィジー諸島共和国料理のメニューにありそうな感じで手話ダンスする五月蠅いぷりぷり感たっぷりの匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のスパイシーな、それでいてホワイトソースの香りで実に豊かな感じがたまらない。
親友の注文した弁慶の菜汁と若草鍋、それとさわ鍋も運ばれてきた。
親友は殺してやりたい有償ボランティアをしつつ食べ始めた。
途端に、「荒々しい香りの、だがさくっとしたような感じなのに、旨さの爆弾が口の中で破裂したような食感で、それでいてあつあつな、実にこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・勝負の後は骨も残さない。」とウンチクを語り始めた。
これはつっぱったようなほどのグルメな親友のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
かもすきは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたまろに少し驚いた。
たのんだフェーダーヴァイサーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ親友が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計840940円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのサンダーバード4号に乗りながら、「私の戦闘力は530000です・・・ですが、もちろんフルパワーであなたと戦う気はありませんからご心配なく・・・。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

天使の力と悪魔の力が俺の肉体だ。

鍋料理屋 | 2012/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク