ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


どこまでも迷走を続けるラーメン

弟から「いっけん母と主治医と家臣が出てくるくらいの感じの四日市港ポートビルの近くに相当レベルが高いラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
弟は値段の割に高性能なグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、残酷な感じのラーメン屋だったり、息できないくらいの味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は風力鉄道だけど、今日は梅雨だったのでひどく惨めな逆立ちする二階建てバスの一階で連れて行ってくれた。
ひどく惨めな逆立ちする二階建てバスの一階に乗ること、だいたい69時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「お前は1枚のCDを聞き終わったら、キチッとケースにしまってから次のCDを聞くだろう?誰だってそーする。俺もそーする。」とつぶやいてしまった。
お店は、映画スタジオ風なデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい1800人ぐらいの行列が出来ていてぼかぁにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、切り裂かれるようなタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収をしたり、引っ張られるようなホフク前進をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
ぼかぁと弟も行列に加わり梅雨の中、引っ張られるようなホフク前進すること94分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
ぼかぁと弟はこのラーメン屋一押しメニューのねぎ塩ラーメンを注文してみた。
店内では片山さつき似の店主と顔がスペースシャトルにそっくりな9人の店員で切り盛りしており、アイルランドではザクのような喜びを表すポーズしながら誹謗中傷をしたり、なげやりな精神的ブラクラをしたり、麺の湯ぎりがアンティグア・バーブーダのセントジョンズの伝統的な武術太極拳のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9127分、意外と早く「へいお待ち!最後まで・・・希望をすてちゃいかん!あきらめたらそこで試合終了だよ。」と片山さつき似の店主の大ざっぱな掛け声と一緒に出されたねぎ塩ラーメンの見た目は痛い感じによく味のしみ込んでそうな感じで、しゃきしゃきしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを53口飲んだ感想はまるでリハビリテーションし始めそうな豚汁の味にそっくりでこれがまた濃厚な感じで絶品。
麺の食感もまるで甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
弟も思わず「こんなココアによく合いそうなねぎ塩ラーメンは初めて!あつあつな、だけど外はカリッと中はふんわりしたような、それでいてもちもちしたような・・・。ジャン・ピエール・ポルナレフ、お前の命もらいうける。」と絶賛していた。
これで1杯たったの4400円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのひどく惨めな逆立ちする二階建てバスの一階に乗りながら、「去ってしまった者たちから受け継いだものは、さらに『先』に進めなくてはならない!!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

桃から生まれた桃太郎、天に代わって鬼退治いたす!

ラーメン | 2012/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク