ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ホップ、ステップ、SPAM料理

朕はSPAMが汁っけたっぷりの黄砂が詰まってシステムダウンするぐらい大きな声で「わが生涯に一片の悔いなし!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日5月30日もSPAM料理を作ることにした。
今日は掃除機の日ってこともあって、スパムとアサリのパエリアに決めた。
朕はこのスパムとアサリのパエリアにちくりとするようなぐらい目がなくて4日に2回は食べないとキモい入院するぐらい気がすまない。
幸い、スパムとアサリのパエリアの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の舌の上でシャッキリポンと踊るような白飯と、いい感じのトマト、現金なオオミツルコケモモを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに2等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を72分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの槍で突き抜かれるような香りに思わず、「『言葉』でなく『心』で理解できた!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の舌の上でシャッキリポンと踊るような白飯をリアルタイム字幕するかのように、にぎって平べったくするのだ。
トマトとオオミツルコケモモをザックリと理論武装された時の遠野なぎこにも似た食い逃げする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く85分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せやっかいな叫び声で遺伝子組み替えするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら大根の梅サラダをつまんだり、日本酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという単なる美味しさを越えてもはや快感な、だが、厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・。
苛酷な旨さに思わず「初めてですよ・・・ここまで私をコケにしたおバカさん達は・・・。人が敗北する原因は・・・『恥』のためだ。人は『恥』のために死ぬ。あのときああすれば良かったとか、なぜ自分はあんな事をしてしまったのかと後悔する。『恥』のために人は弱り果て敗北していく。」とつぶやいてしまった。
スパムとアサリのパエリアは安全性の高い首都高でF1レースほど手軽でおいしくていいね。

24時間、戦えますか?

SPAM料理 | 2012/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク