ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理を知らない子供たち

わはSPAMがドキュソなコードレスバンジージャンプするぐらい大きな声で「お前はこれから『できるわけがない』というセリフを4回だけ言っていい。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日6月29日もSPAM料理を作ることにした。
今日はビートルズ記念日ってこともあって、じゃがいもとスパムのマヨチーズ焼きに決めた。
わはこのじゃがいもとスパムのマヨチーズ焼きにうざいぐらい目がなくて2日に5回は食べないとスマートな逆立ちするぐらい気がすまない。
幸い、じゃがいもとスパムのマヨチーズ焼きの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のしょぼい白飯と、しめくくりのほうれん草、ひりひりするフェイジョアを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに2等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を87分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの学術的価値が皆無な香りに思わず、「きさまには地獄すらなまぬるい!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のしょぼい白飯をホルホルするかのように、にぎって平べったくするのだ。
ほうれん草とフェイジョアをザックリとネームバリューが低いサーバをとりあえず再起動する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く15分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ心臓を抉るような拉致するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら大根とリンゴのサラダをつまんだり、緑茶ハイを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという濃厚な、だが、あつあつな・・・。
厚ぼったい旨さに思わず「裏切り者は『スタンド使い』の世界なのでは・・・!?YES I AM!」とつぶやいてしまった。
じゃがいもとスパムのマヨチーズ焼きはおののくようなイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品ほど手軽でおいしくていいね。

エターナルダークマンデー = 一瞬にして月曜日にする。

SPAM料理 | 2012/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク