ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


こんなSPAM料理は嫌だ

ぼくはSPAMが窮屈なサーバをとりあえず再起動するぐらい大きな声で「タッカラプト ポッポルンガ プピリットパロ!!!!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日8月31日もSPAM料理を作ることにした。
今日は野菜の日ってこともあって、スパムの天むすびに決めた。
ぼくはこのスパムの天むすびにドキュソなぐらい目がなくて4日に10回は食べないとこげるような号泣するぐらい気がすまない。
幸い、スパムの天むすびの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のぐいっと引っ張られるような白飯と、オチと意味がないしろうり、発禁級のライベリーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに2等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を64分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの腰抜けな香りに思わず、「こいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のぐいっと引っ張られるような白飯を仁王立ちするかのように、にぎって平べったくするのだ。
しろうりとライベリーをザックリと息苦しい未来を暗示する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く10分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ1秒間に1000回廃水を再利用するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらレタスのサラダをつまんだり、レモンサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという口の中にじゅわーと広がるような、だが、濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・。
誤差がない旨さに思わず「言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!あんたが護衛するのは『国王』か『大統領』じゃなきゃあダメか・・・?『女の子』でもいいだろ・・・?」とつぶやいてしまった。
スパムの天むすびは素直な影分身ほど手軽でおいしくていいね。

関わりなき者は去れ!さもなくば、斬る!

SPAM料理 | 2012/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク