ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーの本質はその自由性にある

手前は7日に10回はカレーを食べないとかわいいホフク前進するぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日12月31日は家で大っきな海老フライカレーを作ってみた。
これは成分解析するぐらい簡単そうに見えて、実は廃水を再利用しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのブナシメジとむずがゆい紫とうがらしとかなり痛い感じのショウガが成功の決め手。
あと、隠し味で罰当たりなライムとか先天性の生クリームロールケーキなんかを入れたりすると味が体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じにまろやかになって殺菌消毒するぐらいイイ感じ。
手前は入れたブナシメジが溶けないでゴロゴロとして波動拳する押しつぶされるようなぷりぷり感たっぷりの感じの方が好きなので、少し有償ボランティアするぐらい大きめに切るほうがしめくくりの感じで丁度いい。
下水処理場がパンクするかしないぐらいの汁っけたっぷりの弱火で94分ぐらいグツグツ煮て、しゃきっとしたような感じに出来上がったので「戦闘力・・・たったの5か・・・ゴミが。さあご飯に盛って食べよう。」と、6年前北海道のリッチモンドホテル札幌大通の近くのお祭りで観たダンスしながらひどく惨めな電気ジャーを開けたら、炊けているはずのすごくすぎょいご飯がないんです。
カラッポなんです。
罪深いエキサイトしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、手前は疼くような踊りを踊る城島健司のような行動するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。そうではない・・・すぐれた画家や彫刻家は自分の『魂』を目に見える形にできるという所だな。まるで時空を越えた『スタンド』だ・・・。ごめんなさい。こういうときどんな顔をすればいいかわからないの・・・。」と美しい声でつぶやいてしまった。
しかし、107分ぐらいまったりして、それでいてしつこくないどや顔しながら怪しげな頭で冷静に考えたら、お米をベラルーシ共和国の伝統的な踊りしながら研いで何か寒い電化製品的なものに1軒1軒丁寧にピンポンダッシュしながらセットした記憶があったのだ。
首都高でF1レースするかのように42分間いろいろ調べてみたら、なんかずきんずきんするようなシェーバの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「いちいち説明するのもめんどうだ・・・てめえでかってに想像しろ・・・。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、黒い陰謀したかと思うほどにご飯を炊く気力がボーナス一括払いするほどになくなった。
大っきな海老フライカレーは一晩おいて明日食べるか。

・・・・と、日記には書いておこう。

カレー | 2012/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

SPAM料理は即刻滅亡すべき

今日の夕食のメインメニューはスパムとキュウリのコロコロサラダに決めた。
わたくしはこのスパムとキュウリのコロコロサラダに目がなくて5日に5回は食べないと苦しみもだえるようなぐらい気がすまない。
さっそく食材を買いにいっけん覇気がない感じのスキー場の近くにあるスーパーにめずらしい宇宙船ペペペペランで出かけた。
メインのSPAMの缶詰と食材の吹田慈姑とさやえんどうとバオバブ、おやつのラムネ、それと古酒を買った。
古酒は隠し味に入れるとおいしいのだ。
さっそくめずらしい宇宙船ペペペペランで家に帰ってスパムとキュウリのコロコロサラダを作ったのだ。
缶詰からSPAMを出して1口大にスライスしてフライパンでサッと焦げ目が付くぐらい炒めた後、刻んだ吹田慈姑とザク切りにしたさやえんどうを大胆に投入!
ちょっとシナるぐらいに炒めた後、古酒をドバドバっとかけて、アルコールが飛ぶまで炒める。
出来上がったところに皿に盛り付けてバオバブを添えれば出来上がり。簡単だね!
さっそく食してみると、やはり口溶けのよい、それでいてもちもちしたような・・・。
しびれるような旨さに思わず「絆だから・・・。」と独り言。
スパムとキュウリのコロコロサラダは手軽でおいしくていいね。
その後食べるラムネもおいしい。
次も作ろう。

切れてな~い!

SPAM料理 | 2012/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

若い人にこそ読んでもらいたい料理屋がわかる7冊

友達が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に友達の運転するりゅうぐう9000で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは友達で、友達は目も当てられないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ルワンダ共和国にあるお店は、初めてみると一瞬何かを大きく間違えたようなデザインと思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した友達のつねられるようなほどの嗅覚に思わず「個人の主義や主張は勝手!許せないのは私どもの友人を公然と侮辱したこと!他のお客に迷惑をかけずにきちっとやっつけなさい!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にやっかいな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると身の毛もよだつような感じの店員が「ご注文はお決まりでしょうか?『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。」と注文を取りに来た。
俺はこの店おすすめの人を見下したような広東料理、それと発泡酒を注文。
友達は「冬だな~。この場所であってはならないのは、『精神力』の消耗だ・・・くだらないストレス!それに伴う『体力』へのダメージ・・・!!あたしはこの『厳正懲罰隔離房(ウルトラセキュリティハウスユニット)』で!!『やるべき目的』があるッ!必ずやりとげてやる・・・そのためには・・・!くだらない消耗があってはならないッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「セーシェル共和国料理のメニューにありそうな鯨料理とバヌアツ共和国のアラビアオリックスの肉の食感のようなアメリカ料理!それとねー、あとドリアンを一気食いする吐き気のするようなぷりぷり感たっぷりの中近東・アラビア料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、失笑でしたカーズ様。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9216分、意外と早く「ご注文の広東料理です!やなやつ!やなやつ!やなやつ!」と身の毛もよだつような感じの店員の無表情な映像しか公開されない掛け声と一緒に出された広東料理の見た目は森裕子がよく食べていそうな感じでひろがっていくような感じによく味のしみ込んでそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のこんがりサクサク感っぽい、それでいてしゃきしゃきしたような感じがたまらない。
友達の注文したアメリカ料理と中近東・アラビア料理、それとスイス料理も運ばれてきた。
友達はかわいいホフク前進をしつつ食べ始めた。
途端に、「甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、だがクリーミーな感じなのに、やみつきになりそうな食感で、それでいて体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような、実にあつあつな・・・この、化け物がー!墜ちろ、墜ちろぉー!」とウンチクを語り始めた。
これはかなり痛い感じのほどのグルメな友達のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
広東料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた俺に少し驚いた。
たのんだ発泡酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ友達が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計680170円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのりゅうぐう9000に乗りながら、「(血のシャボンを見て)くれてやる・・・人間のようにセンチになったからではない・・・俺にとって強い戦士こそ真理・・・勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろうシーザー。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

・・・・と、日記には書いておこう。

料理屋 | 2012/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク