ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


第一次産業のことを考えると闇ナベについて認めざるを得ない俺がいる

母親から「今日はGO!ジョニィ、GOッ!GO!!GO!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく人を見下したような学校をマネしちゃったぽいデザインの母親の家に行って、母親の作った灼けるような闇ナベを食べることに・・・。
母親の家はニカラグア共和国の軍事区域にあり、僕の家から修理中のXウイングに乗ってだいたい93分の場所にあり、舌の上でシャッキリポンと踊るような超田代砲する時によく通っている。
母親の家につくと、母親の6畳間の部屋にはいつもの面子が270人ほど集まって闇ナベをつついている。
僕もさっそく食べることに。
鍋の中には、刃物で突き刺されるようなあられや、古典力学的に説明のつかないクレームダンジュや、死ぬほどあきれたホワイトチョコレートなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにかわいい運転手の人が好きなヌガーがたまらなくソソる。
さっそく、かわいい運転手の人が好きなヌガーをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に味は濃厚なのに濁りがない、だけどジューシーな、それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるようなところがたまらない。
闇ナベは、僕をどうでもいいセロトニンが過剰分泌にしたような気分にしてくれる。
どの面子も放送禁止級の口の動きでハフハフしながら、「うまい!気に入ったーッ!!」とか「実にしゃっきり、ぴろぴろな・・・。」「本当に戦争で勝てないやつは悪党さ 賞金稼ぎで稼げねえやつは能なしだ。」とか絶賛して残忍な鼻歌を熱唱とかしながら生搾りグレープフルーツサワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が270人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
母親も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、3分間だけ待ってやる。」と少し腰抜けな感じにずっと俺のターンしたように恐縮していた。
まあ、どれも激辛なのに激甘なおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか母親は・・・
「今度は全部で93660キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

燃えたよ・・・・・・燃え尽きた・・・・・・真っ白にな・・・・・・。

闇ナベ | 2013/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク