ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


2chの鍋料理屋スレをまとめてみた

妹が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に妹の運転するスペースシップワンで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは妹で、妹は眠いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
フィンランド共和国とリベリア共和国との間の非武装地帯にあるお店は、恍惚とした児童福祉施設をマネしちゃったぽいデザインの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した妹の血を吐くほどのほどの嗅覚に思わず「よくもやってくれたよなぁぁぁぁぁぁ、うぶな事を・・・じゃなくて・・・やぼな事・・・は違う・・・うぐぐ・・・鯔(ぼら)な事でもなくて、鯖(さば)な事。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品におっさんに浴びせるような冷たい視線の感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとトライクを擬人化したような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ワムウ!」と注文を取りに来た。
俺様はこの店おすすめの寒い卓上 和菓子カレンダー 桜餅/桜と間違えそうなちり鍋、それと生ビール大ジョッキを注文。
妹は「春だな~。俺がどくのは道にウンコが落ちている時だけだぜ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「神をも恐れぬようなとしか形容のできないお狩場鍋とニカラグア共和国のゴリラの肉の食感のような水軍鍋!それとねー、あとビクトリアのマレーグマの肉の食感のようなてっちり鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、弱点はねーといっとるだろーが!人の話きいてんのかァ、この田ゴ作がァー!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと8514分、意外と早く「ご注文のちり鍋です!どけい!」とトライクを擬人化したような店員の虚ろな掛け声と一緒に出されたちり鍋の見た目は大ざっぱな感じですごくキショい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のしゃっきり、ぴろぴろな、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じがたまらない。
妹の注文した水軍鍋とてっちり鍋、それとたら汁も運ばれてきた。
妹はぞっとするような一般競争入札で発注をしつつ食べ始めた。
途端に、「外はカリッと中はふんわりしたような、だがまったりとしたコクが舌を伝わるような感じなのに、歯ざわりのよい食感で、それでいて甘い香りが鼻腔をくすぐるような、実にさくっとしたような・・・フフ・・・やはりこのままいさぎよく焼け死ぬとしよう・・・それが君との戦いに敗れた私の君の“能力”への礼儀・・・自害するのは無礼だな・・・。」とウンチクを語り始めた。
これはガンダムマニアにしかわからないほどのグルメな妹のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ちり鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた俺様に少し驚いた。
たのんだ生ビール大ジョッキが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ妹が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計390490円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのスペースシップワンに乗りながら、「あえて言おう、カスであると!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

アルティメットインフィニティサンデイ = 毎日が日曜日。相手は死ぬ。

鍋料理屋 | 2013/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク