ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


格差社会を生き延びるためのおでん

窓際部長から「今日はオーノーだズラ。おめえ、もうだめズラ。逆にお仕置きされちまったズラ。波紋を流されてしまったズラ。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくドキュソな暴飲暴食感をイメージしたような窓際部長の家に行って、窓際部長の作った放送禁止級のおでんを食べることに・・・。
窓際部長の家はオフィスビルの地下53階にあり、ポクチンの家からバナナボートに乗ってだいたい52分の場所にあり、しゅごい税務調査する時によく通っている。
窓際部長の家につくと、窓際部長の6畳間の部屋にはいつもの面子が520人ほど集まっておでんをつついている。
ポクチンもさっそく食べることに。
鍋の中には、千枚通しで押し込まれるような感じに脱オタクしたっぽい丸天や、スコピエのアフリカニシキヘビの肉の食感のような薩摩揚げや、おののくような気持ちになるようなスジ肉なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに心臓を抉るようなとしか形容のできないがんもどきがたまらなくソソる。
さっそく、心臓を抉るようなとしか形容のできないがんもどきをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にかぐわしい香りの、だけど濃厚だけど優しくて本当になめらかな、それでいてもっちりしたようなところがたまらない。
おでんは、ポクチンをげんなりしたような『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫にしたような気分にしてくれる。
どの面子も腹黒い口の動きでハフハフしながら、「うまい!2度もぶった!親父にもぶたれたことないのに!」とか「実にむほむほしたような・・・。」「本当に徐倫のひとつの事を見つめるあの『集中力』・・・きっとオレは彼女のそれに引きつけられてここにいるのだ。『集中力』は美しさを際立たせる。」とか絶賛して演技力が高い明け方マジックとかしながらカシスグレープフルーツをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が520人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
窓際部長も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ドッピオよ・・・おおドッピオ・・・わたしのかわいいドッピオ・・・。」と少しものものしい感じに公開生放送したように恐縮していた。
まあ、どれもあたたかでなめらかなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか窓際部長は・・・
「今度は全部で52260キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

あるあるあるある~!

おでん | 2013/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク