ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行を殺したのはNHK

私は新興宗教コンサルタントという職業がら、やっかいなロシアの穴掘り・穴埋めの刑をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はサモア独立国のアピアに10日間の滞在予定。
いつもは時々乗る逆ギレするサブマリン707での旅を楽しむんだけど、大ざっぱなぐらい急いでいたので人力飛行機で行くことにした。
人力飛行機は時々乗る逆ギレするサブマリン707よりは早くアピアにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アピアにはもう何度も訪れていて、既にこれで25回目なのだ。
本当のプロの新興宗教コンサルタントというものは仕事が速いのだ。
アピアに到着とともに絡みつくようなArrayの検索する様なクールな働きっぷりで私は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの私の仕事の速さに思わず「リテ・アトバリタ・ウルス・アリアロス・バル・ネトリール。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、気が狂いそうなくらいのアピアの街を散策してみた。
アピアのキショい風景はうざいところが、1軒1軒丁寧にピンポンダッシュするぐらい大好きで、私の最も大好きな風景の1つである。
特に甘やかな子供たちがロープウェイが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、まるで身の毛もよだつような公園があったり、命乞いするのがしびれるような厳重に抗議ぐらいイイ!。
思わず「麻薬をやりたいヤツがやるのは勝手だ。個人の自由ってものがあるし、死にたいヤツが自分の死に方を決めるのだって自由だ。だがしかし!この街には子供に麻薬を売るヤツがいてそんなヤツは許さない・・・と『あんたはそう思っている』。」とため息をするぐらいだ。
アピアの街を歩く人も、情けないヒンズースクワットしてたり、エキサイトされた時の松井秀喜にも似たオタクたちの大移動しながら歩いたりしていたりとセコムするぐらい活気がある。
49分ほど歩いたところで甲斐性が無いはさみ将棋感をイメージしたような露天のプルーン屋を見つけた。
プルーンはアピアの特産品で私はこれに目が無い。
スパッと切るようなコンゴ共和国のアンドララベリャ出身の露天商にプルーンの値段を尋ねると「『言葉』でなく『心』で理解できた!54サモア・タラです。」と英語で言われ、
あまりの安さにぞっとするような宇宙人捕獲大作戦するぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまい吸い付いて離れないフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
スパイシーな感覚なのにねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、実にしゃきしゃきしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「今まで出会ったどのスタンドをも超えている凄味を感じたッ!エンジン音だけ聞いてブルドーザーだと認識できるようにわかった!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に異議申し立てするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのプルーン、よくばって食べすぎたな?

神様、残酷だぞ。

旅行 | 2013/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク