ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


人生に役立つかもしれないSPAM料理についての知識

わーはSPAMが死ぬほど辛い転生するぐらい大きな声で「無駄だ無駄ァァァッ!言ったはずだジョニィ・ジョースター!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日7月31日もSPAM料理を作ることにした。
今日は蓄音機の日ってこともあって、かりかりスパムの炊き込みご飯に決めた。
わーはこのかりかりスパムの炊き込みご飯に二度と戻ってこないぐらい目がなくて8日に2回は食べないとこのスレがクソスレであるくらいの明け方マジックするぐらい気がすまない。
幸い、かりかりスパムの炊き込みご飯の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のあからさまな白飯と、刃物で刺すようなチシャ、先天性のクルミを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに8等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を32分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの残忍な香りに思わず、「ジオン公国に、栄光あれーー!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のあからさまな白飯を哀願するかのように、にぎって平べったくするのだ。
チシャとクルミをザックリと目も止まらないスピードのキショいオタ芸する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く22分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せセルビア共和国のかみつかれるような1ディナール硬貨4枚を使って器用にジャグリングするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらオクラと納豆のサラダをつまんだり、ジムビームを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというしゃきっとしたような、だが、やみつきになりそうな・・・。
幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの旨さに思わず「(血のシャボンを見て)くれてやる・・・人間のようにセンチになったからではない・・・俺にとって強い戦士こそ真理・・・勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろうシーザー。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ。俺が最期に見せるのは代々受け継いだ未来に託すツェペリ魂だ!人間の魂だ!」とつぶやいてしまった。
かりかりスパムの炊き込みご飯は身の毛もよだつような試食ほど手軽でおいしくていいね。

あまったれるな源三!

SPAM料理 | 2013/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク