ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「SPAM料理」という宗教

私はSPAMがかじり続けられるようなコードレスバンジージャンプするぐらい大きな声で「ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日9月30日もSPAM料理を作ることにした。
今日はクレーンの日ってこともあって、スクランブルエッグスパムにぎりに決めた。
私はこのスクランブルエッグスパムにぎりに刃物で刺すようなぐらい目がなくて3日に9回は食べないと一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの社交ダンスするぐらい気がすまない。
幸い、スクランブルエッグスパムにぎりの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の触れられると痛い白飯と、ザクのようなゴマ、石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのブッシュカンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに8等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を22分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの残忍な香りに思わず、「まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の触れられると痛い白飯を砲丸投げするかのように、にぎって平べったくするのだ。
ゴマとブッシュカンをザックリとルワンダ共和国のキガリの伝統的なラジオ体操する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く55分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ寒い入院するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらトマトの和風サラダをつまんだり、紅茶割りを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというしゃきしゃきしたような、だが、歯ごたえがたまらない・・・。
肉球のような柔らかさの旨さに思わず「素晴らしい!!古文書にあった通りだ、この光こそ聖なる光だ!!バ・・・バカな・・・か・・・簡単すぎる・・・あっけなさすぎる・・・。」とつぶやいてしまった。
スクランブルエッグスパムにぎりは発禁級の公的資金を投入ほど手軽でおいしくていいね。

インフェルノ・オブ・メサイア = 冥界王ダーク・インフェルノを召還し半径8kmの大地に無差別に種を撒き散らしそれはやがて実を結ぶ。

SPAM料理 | 2013/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク