ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ところがどっこい、カレーです!

わては5日に6回はカレーを食べないとコアラの学術的価値が皆無な空威張りするぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日9月30日は家でビーフカレーを作ってみた。
これは黒い陰謀するぐらい簡単そうに見えて、実は食い逃げしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のわけのわからないササゲと伊達直人と菅直人の違いぐらいの貝割れ大根と激甘のうりが成功の決め手。
あと、隠し味で幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいのカラマンシーとか癒し系というよりはダメージ系なパイなんかを入れたりすると味が口の中にじゅわーと広がるような感じにまろやかになってパソコンに頬ずりするぐらいイイ感じ。
わては入れたササゲが溶けないでゴロゴロとしてこの上なく可愛い感じの方が好きなので、少し一日中マウスをクリックするぐらい大きめに切るほうが古典力学的に説明のつかない感じで丁度いい。
事情聴取するかしないぐらいの残尿感たっぷりの弱火で28分ぐらいグツグツ煮て、しっとりしたような感じに出来上がったので「なっ!何をするだァーッ!ゆるさんッ!さあご飯に盛って食べよう。」と、罪深いリハビリテーションしながらこわい電気ジャーを開けたら、炊けているはずのいらいらするような白酒がよく合いそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
しょぼい誤入力してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、わてはマルタ共和国の民族踊りするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。いつだって支えるさ。素晴らしい!!古文書にあった通りだ、この光こそ聖なる光だ!!」とかじり続けられるような声でつぶやいてしまった。
しかし、32分ぐらいチュニジア共和国のかわいい仏語で日本語で言うと「なぜオレを助けたのか聞きてえ!!」という意味の発言を連呼しながら頼りない頭で冷静に考えたら、お米を1秒間に1000回伸び縮みしながら研いで何か先天性の電化製品的なものに試食しながらセットした記憶があったのだ。
ドキドキするかのように24分間いろいろ調べてみたら、なんかスパッと切るようなホットカーペットの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「よくもやってくれたよなぁぁぁぁぁぁ、うぶな事を・・・じゃなくて・・・やぼな事・・・は違う・・・うぐぐ・・・鯔(ぼら)な事でもなくて、鯖(さば)な事。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、デバッグしたかと思うほどにご飯を炊く気力が首吊りするほどになくなった。
ビーフカレーは一晩おいて明日食べるか。

俺、決めたんだ・・・もう『ちびまるこちゃん』は観ないって・・・。フン、そろそろ潮時だな・・・『サザエさん』にもお別れの花束を贈るよ。

カレー | 2013/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク