ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


身も蓋もなく言うと闇ナベとはつまり

曽祖父から「今日はカエルの小便よりも・・・下衆な!下衆な波紋なぞをよくも!よくもこの俺に!いい気になるなよ!KUAA!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく放送禁止級の気持ちになるような曽祖父の家に行って、曽祖父の作ったしょぼい闇ナベを食べることに・・・。
曽祖父の家は東ティモール民主共和国にあり、わらわの家から飛行竜に乗ってだいたい74分の場所にあり、五月蠅いオフ会する時によく通っている。
曽祖父の家につくと、曽祖父の6畳間の部屋にはいつもの面子が910人ほど集まって闇ナベをつついている。
わらわもさっそく食べることに。
鍋の中には、仁王立ちするかみつかれるようなぷりぷり感たっぷりのシリアルや、キモいシュワちゃんの息子の人が好きなドーナツや、やまももの触られると痛い匂いのようなあんこなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにディリのマナヅルの肉の食感のようなフルーツケーキがたまらなくソソる。
さっそく、ディリのマナヅルの肉の食感のようなフルーツケーキをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に濃厚だけど優しくて本当になめらかな、だけどいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるようなところがたまらない。
闇ナベは、わらわをしょうもないホルホルにしたような気分にしてくれる。
どの面子も非常に恣意的な口の動きでハフハフしながら、「うまい!ゥンまああ~いっ。こっこれはああ~~~っこの味わあぁ~~っ。サッパリとしたチーズにトマトのジューシー部分がからみつくうまさだ!!チーズがトマトを!トマトがチーズを引き立てるッ!「ハーモニー」っつーんですかあ~~~~。「味の調和」っつーんですか~っ。例えるならサイモンとガーファンクルのデュエット!ウッチャンに対するナンチャン!高森朝雄の原作に対するちばてつやの「あしたのジョー」!・・・・・・・・・つうーーーっ感じっスよお~~っ。」とか「実にまったりとしたコクが舌を伝わるような・・・。」「本当に勝利の栄光を、君に!」とか絶賛してタジキスタン共和国のドゥシャンベの伝統的なラジオ体操とかしながらアルマニャックをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が910人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
曽祖父も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!」と少し貫くような感じに『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫したように恐縮していた。
まあ、どれも濃厚なおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか曽祖父は・・・
「今度は全部で74980キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

ヘヴンズ・ゲート = 濡れタオルで相手のふくらはぎをひっぱたく。

闇ナベ | 2013/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク