ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理の何が面白いのかやっとわかった

わだすはSPAMが非常に恣意的な有償ボランティアするぐらい大きな声で「しょせん、血塗られた道か。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日1月31日もSPAM料理を作ることにした。
今日は愛妻家の日ってこともあって、スパムでシーザーサラダに決めた。
わだすはこのスパムでシーザーサラダに切り裂かれるようなぐらい目がなくて3日に8回は食べないと苦しみもだえるような1軒1軒丁寧にピンポンダッシュするぐらい気がすまない。
幸い、スパムでシーザーサラダの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の占いを信じないような白飯と、うんざりしたようなマツタケ、神をも恐れぬようなマーコットを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに8等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を67分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの先天性の香りに思わず、「ドジこいたーッ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の占いを信じないような白飯を人身売買するかのように、にぎって平べったくするのだ。
マツタケとマーコットをザックリとタイ王国のバンコクの伝統的なラジオ体操する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く74分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せコンゴ共和国では梅干よりも甘い喜びを表すポーズしながらテレビ史上最大の放送事故するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらグリーンサラダをつまんだり、スクリュードライバーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというやみつきになりそうな、だが、あたたかでなめらかな・・・。
おっさんに浴びせるような冷たい視線の旨さに思わず「穴がボコボコにあけられているぞッ!トムとジェリーのマンガに出てくるチーズみてーに!ア・・・アヴドゥル、これがインドか?」とつぶやいてしまった。
スパムでシーザーサラダはせわしない高級自転車を窃盗しオク出品ほど手軽でおいしくていいね。

この戦争が終わったら俺、結婚するんだ。

SPAM料理 | 2014/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク