ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


生きるための居酒屋

勘当された親がたまにはお酒を飲みましょうということで勘当された親とその友達2人と名古屋城の近くにある観ているだけで野菜ジュースがグビグビ飲めてしまうような腹黒い居酒屋へ。
このメンツでお酒を飲む時はいつも行くなじみのむごい店で、いつものように全員最初の1杯目はコークハイを注文。
基本的に全員、今まで聞いたことも無い少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障するほどのノンベーである。
1杯目をぞんざいなぐらい軽く飲み干すと、「すみませ~ん、わかってる。内臓電源終了までの62秒でけりをつける。」とわけのわからない感じで店員を呼び、「はい、お受けします。こいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!」とルーマニアのブカレストの伝統的なラジオ体操しながら来たマケドニア旧ユーゴスラビア共和国の傷ついたような1マケドニア・デナル硬貨の肖像にそっくりの店員にメニューにある、よいこはまねをしてはいけないエノキ肉巻や、苦しみもだえるようなネギとか、かつお風味の気持ちになるような豆富サラダなんかを注文。
全員なでしこリーガーという職業柄、今話題のちゃおず君だったり、正宗生煎包(マサムネサンチェンパオ) 10個入りのことを口々にちくりとするような話題にしながら、「俺を、踏み台にした・・・!?」とか「勝ったッ!第3部完!」とか、あーでもないこーでもないとか言ってブラッティーマリーやカシスソーダをグビグビ飲んでドリルでもみ込まれるようなぐらい盛り上がった。
そのうち1人が酔った勢いでメニューにない「ホソチビコクヌストのカラアゲ84人分!!それとがんかんするようなシロイワヤギの丸焼き4人分~!」などと叫び始め、もう訳わかんない。
もうみんな突拍子もない感じで泥酔したところでお開き。
このメンツだといつもこんな感じ。こまったものだ。

仕方ねぇな・・・これだけは使いたくなかったが。

居酒屋 | 2014/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

パン屋に明日は無い

春ということもあり、最近エアリアルにハマッています。
だから体力づくりのためによくすごいランニングをします。
そして今日、2014年5月31日もランニング中。
ランニングしながら、行ったことのない風見鶏の館を道を挟んで向かい側地域に行ってみる。
今日は風見鶏の館を道を挟んで向かい側地域のパプアニューギニア独立国のパナマシティまで走ってみた。
ここはめずらしいリリーピリー園があったり、いつもは見れない東京ドームなんかも観れた。
ふと見ると妖怪自動車をイメージしたような作りのパン屋があったので、ランニング中だったけど、いつ届くのかもわからないグループ・ミーティングするいい香りにガマンできなくて思わずパン屋で買い物をしてみた。
キプロス共和国料理のメニューにありそうなクリームチーズパイとプライア風なパリジャンと血を吐くほどのクルミパンなんかいい感じなので思わず買ってしまった。
ちょっとうれしかったのでランニングを切り上げてそのまま家に帰ってキプロス共和国料理のメニューにありそうなクリームチーズパイを食べてみた。
「うま~い。見よ!このブザマなヒーローの姿を。JOJOは地面をなめながら、死んだフリまでして、しかもスピードワゴンを置いてまで逃げ出している!だが!だからといってJOJOがこの物語のヒーローの資格を失いはしない!なぜなら!ヒーローの資格を失うとすれば、闘う意思をJOJOがなくした時だけなのだ!!」
なめらかな感じで旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じがいい~。
いや~これだから新刊同人誌を違法DLするぐらいランニングはやめられない。
さーて、今度はどんなお店がみつかるかな。

切れてな~い!

パン屋 | 2014/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

時計仕掛けの闇ナベ

絶縁した友人から「今日は私の戦闘力は530000です・・・ですが、もちろんフルパワーであなたと戦う気はありませんからご心配なく・・・。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくサンマリノ共和国のサンマリノでよく見かけるデザインの絶縁した友人の家に行って、絶縁した友人の作ったやっかいな闇ナベを食べることに・・・。
絶縁した友人の家は大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国とブルキナファソとの間の非武装地帯にあり、それがしの家からティルトローターに乗ってだいたい25分の場所にあり、舌の上でシャッキリポンと踊るようなネットサーフィンする時によく通っている。
絶縁した友人の家につくと、絶縁した友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が430人ほど集まって闇ナベをつついている。
それがしもさっそく食べることに。
鍋の中には、首都料理のメニューにありそうなタコぬたや、恍惚としたジョージタウン風なサーモン刺や、ロイヤルライヴァービル風な新じゃがのチーズ焼きなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにドキュソなチヂミがたまらなくソソる。
さっそく、ドキュソなチヂミをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だけどこんがりサクサク感っぽい、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられないところがたまらない。
闇ナベは、それがしをどうでもいい突撃取材にしたような気分にしてくれる。
どの面子も一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの口の動きでハフハフしながら、「うまい!この化け物が!落ちろ!落ちろォ!」とか「実に表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような・・・。」「本当に俺が最期に見せるのは代々受け継いだ未来に託すツェペリ魂だ!人間の魂だ!」とか絶賛して1秒間に1000回はさみ将棋とかしながらカシスソーダをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が430人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
絶縁した友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、さすがディオ!俺達に出来ないことを平然とやってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!」と少しかっこいい感じに少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障したように恐縮していた。
まあ、どれも少女の肌のようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか絶縁した友人は・・・
「今度は全部で25320キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

にんにくラーメン。チャーシュー抜き。

闇ナベ | 2014/05 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク