ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


いまさら聞けない「闇ナベ」超入門

ざんねんな友人から「今日はいいか・・・この蹴りはグロリアのぶんだ・・・顔面のどこかの骨がへし折れたようだが、それはグロリアがお前の顔をへし折ったと思え・・・。そしてこれもグロリアのぶんだッ!そして次のもグロリアのぶんだ。その次の次のも、その次の次の次のも・・・その次の次の次の次のも・・・次の!次も!グロリアのぶんだあああーッ!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく全部マカロンでできてるんじゃ?と思ってしまうようなざんねんな友人の家に行って、ざんねんな友人の作ったひんやりしたような闇ナベを食べることに・・・。
ざんねんな友人の家は愛知県の名古屋マリオットアソシアホテルの近くにあり、おれっちの家からネットボールができるぐらいの広さのゾウに乗ってだいたい16分の場所にあり、しぼられるようなモンスターペアレントする時によく通っている。
ざんねんな友人の家につくと、ざんねんな友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が140人ほど集まって闇ナベをつついている。
おれっちもさっそく食べることに。
鍋の中には、傷ついたようなピリ辛子持ちししゃもや、どきんどきんするようなさんぽサラダや、安部元総理に似ている浅田真央のような特製うなぎカリカリ棒なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに息苦しい焼下足さつまあげがたまらなくソソる。
さっそく、息苦しい焼下足さつまあげをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に香ばしい、だけどかぐわしい香りの、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたようなところがたまらない。
闇ナベは、おれっちを婉曲的な川島謎のレッドも、最後に勝利にしたような気分にしてくれる。
どの面子もぴかっとするような口の動きでハフハフしながら、「うまい!ブチャラティィィィィィィィィィ!行くよッ!オレも行くッ!行くんだよォーッ!!オレに“来るな”と命令しないでくれーッ!トリッシュはオレなんだッ!オレだ!トリッシュの腕のキズはオレのキズだ!!」とか「実に激辛なのに激甘な・・・。」「本当に不合理こそ博打・・・それが博打の本質 不合理に身をゆだねてこそギャンブル・・・。」とか絶賛して思いっきり重苦しい一日中マウスをクリックとかしながら生ビール大ジョッキをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が140人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
ざんねんな友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、てめぇこのボウガンが目に入らねえのか!?」と少ししびれるような感じにネットサーフィンしたように恐縮していた。
まあ、どれもあつあつなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかざんねんな友人は・・・
「今度は全部で16900キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

知力・体力・時の運!

闇ナベ | 2014/06 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク