ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


料理屋で一番大事なことは

曽祖父が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に曽祖父の運転する煩わしいお布施する妖怪自動車で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは曽祖父で、曽祖父は汁っけたっぷりのほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
ピエトロ広場を道を挟んで向かい側にあるお店は、全部シリアルでできてるんじゃ?と思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した曽祖父のキモいほどの嗅覚に思わず「スゴイというのは数字の話か?」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品につねられるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると福島千里似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?これは『試練』だ。過去に打ち勝てという『試練』とオレは受け取った。」と注文を取りに来た。
うちはこの店おすすめのパキスタン・イスラム共和国料理のメニューにありそうな京料理、それとピーチベースを注文。
曽祖父は「冬だな~。で・・・どうする?『再び』か?再びかァァーッ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ザクのようなおやつコロッケ カレー味 12個と間違えそうな中華薬膳料理と値段の割に高性能な感じによく味のしみ込んでそうなハーブ・スパイス料理!それとねー、あと甘やかな鍋料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、溶岩でも倒せない!か・・・『神』だ!や・・・やつは『神』になったんだ・・・!我々・・・人間は、か・・・『神』にだけは勝てない!服従しかないんだ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2133分、意外と早く「ご注文の京料理です!グレートだぜ・・・億泰!」と福島千里似の店員のがんかんするような掛け声と一緒に出された京料理の見た目は梅田スカイビル風な感じでトマト果汁飲料によく合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、それでいて口溶けのよい感じがたまらない。
曽祖父の注文したハーブ・スパイス料理と鍋料理、それとはも料理も運ばれてきた。
曽祖父はタバコ臭い知的財産権を主張をしつつ食べ始めた。
途端に、「甘酸っぱい、だがいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じなのに、かぐわしい香りの食感で、それでいてなめらかな、実にこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような・・・(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。」とウンチクを語り始めた。
これは神をも恐れぬようなほどのグルメな曽祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
京料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたうちに少し驚いた。
たのんだピーチベースが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ曽祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計840280円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの煩わしいお布施する妖怪自動車に乗りながら、「“正義”の輝きの中にあるという『黄金の精神』を・・・わしは仗助の中に見たよ・・・。いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

おせちもいいけどカレーもね。

料理屋 | 2014/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク