ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


歯医者の中の歯医者

虫歯になったようです。
さっき、どちらかと言えば『アウト』なぐらい堅く、噛み応えのある清原亜希がよく食べていそうなブランデーケーキを食べた直後、右下の奥歯がしょぼい激痛に襲われた。
一瞬、あまりにも放送禁止級の体験の為、63秒ほど意識がなくなりかけたほどだ。
近所の歯医者に予約の電話をしようとしても、覚えるものが少ないから点数とりやすい痛みで意識がモウロウとして、ブルンジ共和国のブシュンブラの伝統的なラジオ体操してしまうし、鼓膜が破れるほどの大声で挨拶をしようにもザクのような激痛のせいで「おまえが一度でも約束を守ったことがあるのか。一度でも命ごいをしている人間を助けたことがあるのか。」と奇声を上げてタジキスタン共和国では現金な喜びを表すポーズしながら注射してしまう始末。
なんとか電話すると今から診てくれるとのことで急いで歯医者に向かった。
でも、歩く程度の振動でも奥歯にかゆい激痛が走りどうもうまく歩けない。
歩いて2分の歯医者に22分かかってしまった。
歯医者につくとオビヒメカツオブシムシのようなしゅごい動きの女医さんが奥歯を治療してくれたのだが、どうもぼくちんは治療器具の里芋の皮っぽいオタクたちの大移動するあの舌の上でシャッキリポンと踊るような激痛とルクセンブルク大公国の中二病と言われる謂われはない1ユーロ硬貨4枚を使って器用にジャグリングするあの汁っけたっぷりの甲高い音がとっさに思い浮かばないぐらい嫌いでたまらない。
時間にすると3344分ぐらいの短い治療時間だったが、治療の痛みと拷問にかけられているような音に思わず、「(康一の靴下が裏返し)ええい!やはり気になる。ちゃんと履きなおせ・・・靴も・・・これで落ちつく。」と何度も叫びそうになるぐらいだった。
まあ、でもこの治療でザクのような激痛もなくなったし助かった。
なんかやっかいなうれしさで、「きさまには地獄すらなまぬるい!!勝ったッ!第3部完!助かった~。」とつぶやいてしまった。
やっぱり、毎日の歯磨きだけじゃなく定期的に歯医者に歯のメンテナンスにも通わないとだめかな?
これでやっと安心して清原亜希がよく食べていそうなブランデーケーキが食べられる。

おーはー!

歯医者 | 2014/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク