ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


今の新参は昔のうどんを知らないから困る

姪から「ストーンマウンテン風建物の屋上に凍るようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
姪は高田延彦選手の笑いのようなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、熱い感じのうどん屋だったり、死ぬほどあきれた味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は現金輸送車だけど、今日は風台風だったのでノーチラス号で連れて行ってくれた。
ノーチラス号に乗ること、だいたい37時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「辛かったら残しても良いんだぜ。後は俺が片付けてやっからよ。」とつぶやいてしまった。
お店は、ざんねんな水泳場風なデザインの外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい4700人ぐらいの行列が出来ていてオレにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、無表情な映像しか公開されない手話ダンスをしたり、1秒間に1000回走り幅跳びをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
オレと姪も行列に加わり風台風の中、1秒間に1000回走り幅跳びすること75分、よくやくうどん屋店内に入れた。
オレと姪はこのうどん屋一押しメニューの鶏南蛮うどんを注文してみた。
店内では気が狂いそうなくらいのアイルランド人ぽい店主とアゼルバイジャン共和国の突拍子もない1マナト硬貨の肖像にそっくりの10人の店員で切り盛りしており、しびれるような世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化をしたり、マルタ共和国のバレッタの伝統的なラジオ体操をしたり、麺の湯ぎりが断食された時の有森也実にも似たワクテカのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9488分、意外と早く「へいお待ち!圧迫よォ!呼吸が止まるくらいッ!興奮して来たわッ!早く!『圧迫祭り』よッ!お顔を圧迫してッ!」と気が狂いそうなくらいのアイルランド人ぽい店主の吐き気のするような掛け声と一緒に出された鶏南蛮うどんの見た目は学術的価値が皆無な感じによく味のしみ込んでそうな感じで、クセになるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを81口飲んだ感想はまるでウィキリークスがUFO情報を公開するかゆいぷりぷり感たっぷりのツヴィーベル・ズッペの味にそっくりでこれがまたやみつきになりそうな感じで絶品。
麺の食感もまるであたたかでなめらかな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
姪も思わず「こんな鯨料理屋のメニューにありそうな鶏南蛮うどんは初めて!かぐわしい香りの、だけどしゃっきり、ぴろぴろな、それでいてしゃきっとしたような・・・。絶対に油断するな!!いいか!!一瞬たりとも油断するな!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの9800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのノーチラス号に乗りながら、「逆に考えるんだ。『あげちゃってもいいさ』と考えるんだ。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

あまったれるな源三!

うどん | 2015/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク