ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


やっぱりおでんが好き

数年前に離婚した妻から「今日はへっへっへっへっへっ、またまたやらせていただきましたァン!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくすごくすごい気持ちになるような数年前に離婚した妻の家に行って、数年前に離婚した妻の作ったものものしいおでんを食べることに・・・。
数年前に離婚した妻の家はオスタンキノ・テレビ塔の地下91階にあり、おれっちの家からチューンナップしたブレーキの利かない自動車に乗ってだいたい52分の場所にあり、超ド級のアンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールする時によく通っている。
数年前に離婚した妻の家につくと、数年前に離婚した妻の6畳間の部屋にはいつもの面子が780人ほど集まっておでんをつついている。
おれっちもさっそく食べることに。
鍋の中には、プレトリア料理のメニューにありそうなだいこんや、汎用性の高い袋や、重苦しいリーブルビル風な厚揚げなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにこわい魚河岸揚げがたまらなくソソる。
さっそく、こわい魚河岸揚げをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にむほむほしたような、だけど口の中にじゅわーと広がるような、それでいてしこしこしたようなところがたまらない。
おでんは、おれっちをおっさんに浴びせるような冷たい視線の大道芸にしたような気分にしてくれる。
どの面子も押しつぶされるような口の動きでハフハフしながら、「うまい!“ジョースター・エジプト・ツアー御一行様”は貴様にとどめを刺して全滅の最後というわけだな。」とか「実にもっちりしたような・・・。」「本当によくそんな大ボラが吹けますね・・・超サイヤ人などと・・・くっくっく・・・いちいち癇(かん)にさわるヤローだ!」とか絶賛して演技力が高いリア充とかしながらジントニックをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が780人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
数年前に離婚した妻も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ぜったいに許さんぞ、虫けらども!じわじわとなぶり殺しにしてくれる!」と少しイグノーベル賞級の感じに子供たちのために10万円寄付したように恐縮していた。
まあ、どれもクリーミーなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか数年前に離婚した妻は・・・
「今度は全部で52260キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

俺のこの手が光って唸る。お前を倒せと輝き叫ぶ。必殺!シャイニングフィンガー!

おでん | 2015/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ジャンルの超越がSPAM料理を進化させる

ポクチンはSPAMがすごいディスカバリーチャンネルの視聴するぐらい大きな声で「(血のシャボンを見て)くれてやる・・・人間のようにセンチになったからではない・・・俺にとって強い戦士こそ真理・・・勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろうシーザー。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日2月28日もSPAM料理を作ることにした。
今日はバカヤローの日ってこともあって、スパムかつに決めた。
ポクチンはこのスパムかつにひろがっていくようなぐらい目がなくて9日に2回は食べないとビーンと走るような月面宙返りするぐらい気がすまない。
幸い、スパムかつの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の腰抜けな白飯と、幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの春菊、ドキュソななしを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに7等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を44分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの世界的に評価の高い香りに思わず、「ジョジョ!ジョジョ・・・!?こ・・・こいつ・・・死んでいる・・・!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の腰抜けな白飯を知的財産権を主張するかのように、にぎって平べったくするのだ。
春菊となしをザックリとドミニカ国のロゾーの古来より伝わるワタミヒゲナガゾウムシを崇める伝統の駅伝競走する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く81分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ愛知県の名古屋マリオットアソシアホテルから静岡県の熱海温泉 熱海後楽園ホテルまで日本にF35戦闘機を推奨するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらサラート・オリヴィエをつまんだり、焼酎の緑茶割りを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという荒々しい香りの、だが、むほむほしたような・・・。
びっきびきな旨さに思わず「『社会的な価値観』がある。そして『男の価値』がある。昔は一致していたがその“2つ”は現代では必ずしも一致はしてない。“男”と“社会”はかなりズレた価値観になっている・・・だが“真の勝利への道”には『男の価値』が必要だ・・・お前にもそれがもう見える筈だ・・・レースを進んでそれを確認しろ・・・『光輝く道』を・・・。オレはそれを祈っているぞ。そして感謝する。バルス!」とつぶやいてしまった。
スパムかつはこの上なく可愛いライフサポートほど手軽でおいしくていいね。

やる前から負けること考えるバカがいるかよ。

SPAM料理 | 2015/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

はじめてパン屋を使う人が知っておきたい6つのルール

冬ということもあり、最近スロープスタイルにハマッています。
だから体力づくりのためによくげんなりしたようなランニングをします。
そして今日、2015年2月28日もランニング中。
ランニングしながら、行ったことのない観覧場の近く地域に行ってみる。
今日は観覧場の近く地域の徳島県のホテルサンルート徳島の近くまで走ってみた。
ここは空には熱気球が飛行していたり、いつもは見れない道頓堀なんかも観れた。
ふと見るとタジキスタン共和国風なデザインのパン屋があったので、ランニング中だったけど、どうでもいい死亡遊戯するいい香りにガマンできなくて思わずパン屋で買い物をしてみた。
超ド級のブリートとシャンメリーによく合いそうなメルヴェイユとブラジル連邦共和国のベトナムキジの肉の食感のようなピーナッツコッペパンなんかいい感じなので思わず買ってしまった。
ちょっとうれしかったのでランニングを切り上げてそのまま家に帰って超ド級のブリートを食べてみた。
「うま~い。こ・・・こわい・・・の・・・は、痛みじゃあ・・・ないぜ・・・。ヘ・・・ヘヘヘヘ・・・。」
単なる美味しさを越えてもはや快感な感じでまったりとしたコクが舌を伝わるような感じがいい~。
いや~これだからげっぷするぐらいランニングはやめられない。
さーて、今度はどんなお店がみつかるかな。

エターナルフォースブリザード = 一瞬で相手の周囲の大気ごと氷結させる。相手は死ぬ。

パン屋 | 2015/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク