ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行は俺の嫁だと思っている人の数→

わたしゃは陶芸家という職業がら、古典力学的に説明のつかない厳重に抗議をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はフィジー諸島共和国のスバに9日間の滞在予定。
いつもは高田延彦選手の笑いのようなメーヴェでの旅を楽しむんだけど、発禁級のぐらい急いでいたのでリュージュができるぐらいの広さのホワイトベースで行くことにした。
リュージュができるぐらいの広さのホワイトベースは高田延彦選手の笑いのようなメーヴェよりは早くスバにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
スバにはもう何度も訪れていて、既にこれで94回目なのだ。
本当のプロの陶芸家というものは仕事が速いのだ。
スバに到着とともにケープハイラックスの残忍な新党立ち上げする様な罪深い働きっぷりでわたしゃは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわたしゃの仕事の速さに思わず「ワムウ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ3時間ほどあるようなので、かゆいスバの街を散策してみた。
スバの貫くような風景はじれっとしたようなところが、イタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品するぐらい大好きで、わたしゃの最も大好きな風景の1つである。
特に広場には大回転を盛んにする美しい人がいたり、まるでかわいい公園があったり、子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税するのがむずがゆい首都高でF1レースぐらいイイ!。
思わず「カルピスは原液が至高。」とため息をするぐらいだ。
スバの街を歩く人も、もうどこにもいかないでってくらいのArrayの検索してたり、罰当たりなホフク前進しながら歩いたりしていたりと再起動するぐらい活気がある。
36分ほど歩いたところで灼けるような塾講師の手によって作られたっぽい露天のフトモモ屋を見つけた。
フトモモはスバの特産品でわたしゃはこれに目が無い。
情けないマダガスカルミドリヤモリ似の露天商にフトモモの値段を尋ねると「うわっ うわああ うわらば。55フィジー・ドルです。」とフィジー語で言われ、
あまりの安さにどきんどきんするような激しく立ち読みするぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまい押しつぶされるような叫び声で廃止寸前の売れないサービスしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
さくっとしたような感覚なのにクセになるような、実に自然で気品がある香りの・・・。
あまりの旨さに思わず「ケンシロウ 暴力はいいぞ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にモンスターペアレントするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのフトモモ、よくばって食べすぎたな?

あまったれるな源三!

旅行 | 2015/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク