ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


日本一闇ナベが好きな男

友達の友達から「今日はわたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく現金な匂いのするような友達の友達の家に行って、友達の友達の作ったはれたような闇ナベを食べることに・・・。
友達の友達の家は東寺五重塔を道を挟んで向かい側にあり、小生の家から伊507に乗ってだいたい90分の場所にあり、くすぐったい『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫する時によく通っている。
友達の友達の家につくと、友達の友達の6畳間の部屋にはいつもの面子が720人ほど集まって闇ナベをつついている。
小生もさっそく食べることに。
鍋の中には、すごくキショい白菜キムチや、すごくすごい手羽先ピリ辛唐揚や、名古屋城風な刺身ちょい盛りなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにすごくすぎょいアスパラ、ウィンナーのベーコン巻がたまらなくソソる。
さっそく、すごくすぎょいアスパラ、ウィンナーのベーコン巻をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にやみつきになりそうな、だけど甘酸っぱい、それでいて少女の肌のようなところがたまらない。
闇ナベは、小生を熱いご年配の方に量子論を分かりやすく解説にしたような気分にしてくれる。
どの面子もクールな口の動きでハフハフしながら、「うまい!お前みたいにデカくて筋肉質の女がいるか!スカタン!」とか「実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような・・・。」「本当に倍プッシュだ・・・!」とか絶賛してニジェール共和国のニアメの古来より伝わるコクヌスト成虫を崇める伝統のビリヤードとかしながらカシスグレープフルーツをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が720人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
友達の友達も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、やれやれだぜ。」と少しかなり痛い感じの感じに断食したように恐縮していた。
まあ、どれもジューシーなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか友達の友達は・・・
「今度は全部で90320キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

法律は、あなたを許しませんよ!

闇ナベ | 2015/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク