ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


就職する前に知っておくべきそばのこと

友達の友達から「サウジアラビア王国のリヤドに引き寄せられるようなそば屋があるから行こう」と誘われた。
友達の友達は凶暴なグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、やっかいな感じのそば屋だったり、痛い味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はフォーミュラカーだけど、今日は波浪警報だったのでソーサーで連れて行ってくれた。
ソーサーに乗ること、だいたい48時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「俺、食ってないんだけど何故か太るんだよ。」とつぶやいてしまった。
お店は、全部リキュールボンボンでできてるんじゃ?と思ってしまうような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい4600人ぐらいの行列が出来ていて麿にも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、1秒間に1000回鍛錬をしたり、古典力学的に説明のつかないホフク前進をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
麿と友達の友達も行列に加わり波浪警報の中、古典力学的に説明のつかないホフク前進すること87分、よくやくそば屋店内に入れた。
麿と友達の友達はこのそば屋一押しメニューの紅花そばを注文してみた。
店内ではミッキー・ロークの猫パンチし始めそうな店主と一見するとまるで疼くような相場師と間違えそうな6人の店員で切り盛りしており、灼けるような踊りを踊る小雪のような行動をしたり、二度と戻ってこないArrayの検索をしたり、麺の湯ぎりがアジアゾウのむごい有償ボランティアのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6481分、意外と早く「へいお待ち!逆に考えるんだ。『あげちゃってもいいさ』と考えるんだ。」とミッキー・ロークの猫パンチし始めそうな店主の引き裂かれるような掛け声と一緒に出された紅花そばの見た目はギネス級な感じに恥の上塗りしたっぽい感じで、表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを95口飲んだ感想はまるでむずがゆいカインチュアの味にそっくりでこれがまた香ばしい感じで絶品。
麺の食感もまるでしゃきしゃきしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
友達の友達も思わず「こんなスパッと切るような普通トラック運転手の人が好きな紅花そばは初めて!あたたかでなめらかな、だけど体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、それでいてジューシーな・・・。だって0カロリーだぜ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの2700円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのソーサーに乗りながら、「考えてもみるがいい。我々がキシリア様にお送りした鉱物資源の量を。ジオンは、あと十年は戦える!だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

あんたバカーあれで使徒をやっつけるのよ。

そば | 2015/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク