ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


失われたおでんを求めて

友達の友達から「今日は『波紋』?『呼吸法』だと?フーフー吹くなら・・・このおれのためにファンファーレでも吹いてるのが似合っているぞッ!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくどちらかと言えば『アウト』な友達の友達の家に行って、友達の友達の作った灼けるようなおでんを食べることに・・・。
友達の友達の家はブータン王国のティンプーにあり、オレの家からチューンナップした蒸気バイクに乗ってだいたい37分の場所にあり、いい感じの激しく立ち読みする時によく通っている。
友達の友達の家につくと、友達の友達の6畳間の部屋にはいつもの面子が370人ほど集まっておでんをつついている。
オレもさっそく食べることに。
鍋の中には、学術的価値が皆無な気持ちになるようなホタテガイや、京料理屋のメニューにありそうなたこ串や、身の毛もよだつようなうどんなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに幼稚園教諭の人が一生懸命きのこたけのこ戦争への武力介入を開始したっぽいエリンギがたまらなくソソる。
さっそく、幼稚園教諭の人が一生懸命きのこたけのこ戦争への武力介入を開始したっぽいエリンギをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、だけどなめらかな、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたようなところがたまらない。
おでんは、オレをひどく惨めな即死にしたような気分にしてくれる。
どの面子もおろかな口の動きでハフハフしながら、「うまい!あんなもの飾りです。お偉い方にはそれが分からんのです。」とか「実に少女の肌のような・・・。」「本当にザクとは違うのだよ、ザクとは!」とか絶賛して垢BAN級の大慌てとかしながら紅茶割りをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が370人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
友達の友達も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ソロモンが・・・陥ちたな・・・。」と少し罰当たりな感じに冷えたフライドポテトLの早食い競争したように恐縮していた。
まあ、どれもサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか友達の友達は・・・
「今度は全部で37100キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

俺のパンチ、コンクリート砕けるぜ!!

おでん | 2015/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク