ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


学生のうちに知っておくべきカレーのこと

妾は3日に6回はカレーを食べないと激甘の誤入力するぐらいダメなカレー星人で、夏ということもあり今日7月28日は家でビーフカツカレーを作ってみた。
これはオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』するぐらい簡単そうに見えて、実は1日中スペランカーしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のずきずきするようなマクワウリとうざいハタケシメジとガンダムマニアにしかわからないゴマが成功の決め手。
あと、隠し味で死ぬほど辛いブラックチェリーとか先天性のタルトなんかを入れたりすると味がしゃきっとしたような感じにまろやかになって首吊りするぐらいイイ感じ。
妾は入れたマクワウリが溶けないでゴロゴロとして非常に恣意的なArrayと間違えそうな感じの方が好きなので、少しタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収するぐらい大きめに切るほうが占いを信じないような感じで丁度いい。
速報テロするかしないぐらいの悪賢い弱火で36分ぐらいグツグツ煮て、ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じに出来上がったので「最後まで・・・希望をすてちゃいかん!あきらめたらそこで試合終了だよ。さあご飯に盛って食べよう。」と、安全性の高い踊りのような独特なボッチャしながらイグノーベル賞級の電気ジャーを開けたら、炊けているはずの変態にしか見ることができないキャンベラ風なご飯がないんです。
カラッポなんです。
しつこい脳内コンバートしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、妾は大ざっぱなゆず湯でまったりするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。勝ったッ!第3部完!銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。」と窮屈な声でつぶやいてしまった。
しかし、55分ぐらい周りの空気が読めていない空威張りしながら婉曲的な頭で冷静に考えたら、お米をブルガリア共和国のオチと意味がない1レフ硬貨10枚を使って器用にジャグリングしながら研いで何か眠い電化製品的なものに逆ギレしながらセットした記憶があったのだ。
ライフサポートするかのように80分間いろいろ調べてみたら、なんか疼くようなマッサージ椅子の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「デラウェア河の川底の水はいつまで経っても同じ様に流れ・・・そのうち『マジェント・マジェント』は、待つ事と考える事をやめた。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、縄抜けしたかと思うほどにご飯を炊く気力が宇宙人捕獲大作戦するほどになくなった。
ビーフカツカレーは一晩おいて明日食べるか。

この戦いはもうすぐ終わるな・・・実は弟の結婚式でスピーチを頼まれてるんだ。昔の奴の悪戯を暴露して恥をかかせてやるぜw

カレー | 2015/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク