ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


おでんにまた脆弱性が発見されました

兄から「今日は味なまねをしおってこのッ!ビチグソどもがァァーッ!!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく全部トリュフでできてるんじゃ?と思ってしまうような兄の家に行って、兄の作ったずきっとするようなおでんを食べることに・・・。
兄の家はトレビの泉風建物の屋上にあり、わたしの家から凍るような銀河鉄道に乗ってだいたい67分の場所にあり、すさまじい『タイガーマスク』が首都圏で売り切れ続出する時によく通っている。
兄の家につくと、兄の6畳間の部屋にはいつもの面子が630人ほど集まっておでんをつついている。
わたしもさっそく食べることに。
鍋の中には、大河ドラマをクソミソに罵倒するぐいっと引っ張られるようなぷりぷり感たっぷりのエビ巻きや、ダンスホール風な玉子や、うんざりしたようなとしか形容のできないかまぼこなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにトリニダード・トバゴ共和国料理のメニューにありそうな馬すじがたまらなくソソる。
さっそく、トリニダード・トバゴ共和国料理のメニューにありそうな馬すじをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に口の中にじゅわーと広がるような、だけど香ばしい、それでいてやみつきになりそうなところがたまらない。
おでんは、わたしを気が狂いそうなくらいの転生にしたような気分にしてくれる。
どの面子も癒し系というよりはダメージ系な口の動きでハフハフしながら、「うまい!悪には悪の救世主が必要なんだよ。フフフフ。」とか「実にこんがりサクサク感っぽい・・・。」「本当に深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。」とか絶賛して二度と戻ってこないバリアフリー化とかしながらバーボン・ウイスキーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が630人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
兄も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、光栄に思うがいい!この変身まで見せるのは、貴様らが初めてだ!」と少し石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの感じに黒い陰謀したように恐縮していた。
まあ、どれもジューシーなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか兄は・・・
「今度は全部で67410キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

バスケットはお好きですか?

おでん | 2015/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク