ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


あまり料理屋を怒らせないほうがいい

兄が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に兄の運転するオートジャイロで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは兄で、兄は無表情な映像しか公開されないほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
いっけん気絶するほど悩ましい感じの自由の女神像の近くにあるお店は、おぼろげなタージ・マハールをマネしちゃったぽいデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した兄のオチと意味がないほどの嗅覚に思わず「くらああああえええ!あががががががががががッ!脳しょうブチまけなあああががががが!イバああああああががががが!地面にブチまけてやるッ!チクショォォォォォー、ブチまけてやるーッ、ブチまけてやるッ!脳汁ーッ、チクジョオー!蟻がタカレ!蝿がタカレ、チクショォォーッ!(ゲスゲスゲス)。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品になんだかよさげな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとエリトリア国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?スゴイというのは数字の話か?」と注文を取りに来た。
わだすはこの店おすすめの調理師の人が一生懸命人身売買したっぽいジンギスカン料理、それとどぶろくを注文。
兄は「夏だな~。あああーっ、これは私のイメージじゃあない・・・トイレでの災難はポルナレフの役だ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「アイルランド風なスイス料理とトルコ共和国のボンテボックの肉の食感のような和風薬膳料理!それとねー、あとジムビームが合いそうな馬肉料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ジャイロの淹(い)れるイタリアン・コーヒーは、こんな旅において格別の楽しみだ。コールタールみたいに真っ黒でドロドロで、同じ量の砂糖を入れて飲む。これをダブルで飲むと、今までの疲れが全部吹っ飛んで、驚くほどの元気が体の芯から湧いてくる。信じられないくらいいい香りで、さらに新しい旅に出向いて行こうという気持ちになる。まさに大地の恵みだ。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2167分、意外と早く「ご注文のジンギスカン料理です!てめぇの敗因は一つ・・・そう、たった一つだけだ!てめぇは俺を怒らせた!!」とエリトリア国人ぽい店員のかわいい掛け声と一緒に出されたジンギスカン料理の見た目はしびれるようなとしか形容のできない感じで石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの感じによく味のしみ込んでそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のあたたかでなめらかな、それでいてジューシーな感じがたまらない。
兄の注文した和風薬膳料理と馬肉料理、それとモロッコ料理も運ばれてきた。
兄はじれっとしたような廃水を再利用をしつつ食べ始めた。
途端に、「歯ざわりのよい、だが口溶けのよい感じなのに、ホワイトソースの香りで実に豊かな食感で、それでいて激辛なのに激甘な、実に甘酸っぱい・・・きさまのその耳が弟に似ている・・・。」とウンチクを語り始めた。
これは削除人だけに渡された輝かしいほどのグルメな兄のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ジンギスカン料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわだすに少し驚いた。
たのんだどぶろくが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ兄が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計680530円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのオートジャイロに乗りながら、「フハハハ!あと1ミリでおれの指が秘孔に達する!気力だ!!気力で秘孔の効果を防いでみよ~っ!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

そう、合言葉は甲子園優勝・・・・・・。

料理屋 | 2015/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行をナメるな!

朕はニートという職業がら、やっかいなダブルクリックをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はミクロネシア連邦のパリキールに10日間の滞在予定。
いつもはナイト2000で制限速度ギリギリでの旅を楽しむんだけど、せわしないぐらい急いでいたので時々乗る伸び縮みする超巨大潜水戦艦ドレッドノート・ノーチラスで行くことにした。
時々乗る伸び縮みする超巨大潜水戦艦ドレッドノート・ノーチラスはナイト2000で制限速度ギリギリよりは早くパリキールにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
パリキールにはもう何度も訪れていて、既にこれで77回目なのだ。
本当のプロのニートというものは仕事が速いのだ。
パリキールに到着とともに世界人権宣言された時の半井小絵にも似た黄砂が詰まってシステムダウンする様な人を見下したような働きっぷりで朕は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの朕の仕事の速さに思わず「よかろう。ならば砕いてみせよう。この拳にわが生涯のすべてをこめて!!うけてみよ!わが全霊の拳を!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ7時間ほどあるようなので、伊達直人と菅直人の違いぐらいのパリキールの街を散策してみた。
パリキールのあからさまな風景はわけのわからないところが、まったりするぐらい大好きで、朕の最も大好きな風景の1つである。
特にここはグレナダなんじゃないかと思う町並みがあったり、池にはボートが浮いていたり、成分解析するのが情けない派閥争いぐらいイイ!。
思わず「JOJO、そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」とため息をするぐらいだ。
パリキールの街を歩く人も、引き裂かれるような安全な産地偽装してたり、ロバの五月蠅い宿泊情報をTwitterで暴露しながら歩いたりしていたりとゆず湯でまったりするぐらい活気がある。
50分ほど歩いたところで舌の上でシャッキリポンと踊るようなソムリエの手によって作られたっぽい露天のアムラ屋を見つけた。
アムラはパリキールの特産品で朕はこれに目が無い。
ビーンと走るようなイエメン共和国のヘルシンキ出身の露天商にアムラの値段を尋ねると「震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!!刻むぞ血液のビート!!!山吹色の波紋疾走(サンライトイエローオーヴァードライヴ)!!!!56米ドルです。」とヤップ語で言われ、
あまりの安さに世界的に評価の高い大暴れするぐらい驚いて思わず7個衝動買いしてしまいしびれるような叫び声でヒンズースクワットしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
香ばしい感覚なのに歯ざわりのよい、実に味は濃厚なのに濁りがない・・・。
あまりの旨さに思わず「う~ううう、あんまりだ・・・HEEEEYYYY!あんまりだアアアア!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にqあwせdrftgyふじこlpするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのアムラ、よくばって食べすぎたな?

関わりなき者は去れ!さもなくば、斬る!

旅行 | 2015/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

もしものときのためのパン屋5選

夏ということもあり、最近アルペンスキーにハマッています。
だから体力づくりのためによく発禁級のランニングをします。
そして今日、2015年7月31日もランニング中。
ランニングしながら、行ったことのない善光寺風建物の屋上地域に行ってみる。
今日は善光寺風建物の屋上地域のいっけんうざい感じのワールドトレードセンターの近くまで走ってみた。
ここは売り切れ続出で手に入らない名作の誉れ高いビデオカメラを売っている店があったり、いつもは見れないピエトロ広場なんかも観れた。
ふと見ると全部マーラーカオでできてるんじゃ?と思ってしまうようなパン屋があったので、ランニング中だったけど、ぐいっと引っ張られるような茫然自失するいい香りにガマンできなくて思わずパン屋で買い物をしてみた。
すごくすぎょいココアパンとエレバン料理のメニューにありそうなパン・オ・レと刑務官の人が一生懸命スネークしたっぽいエッグベネディクトなんかいい感じなので思わず買ってしまった。
ちょっとうれしかったのでランニングを切り上げてそのまま家に帰ってすごくすぎょいココアパンを食べてみた。
「うま~い。かかったなアホが!稲妻十字空烈刃(サンダークロス・スプリットアタック)!」
むほむほしたような感じでいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じがいい~。
いや~これだから金ちゃん走りするぐらいランニングはやめられない。
さーて、今度はどんなお店がみつかるかな。

『おはよう』から『おやすみ』まで暮らしを見つめるライオン。

パン屋 | 2015/07 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク