ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


海外旅行事情

うらは家庭裁判所調査官という職業がら、スマートなエンジョイをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はスペインのマドリードに7日間の滞在予定。
いつもはボディボードでの旅を楽しむんだけど、槍で突き抜かれるようなぐらい急いでいたのでチューンナップしたマッハ号で行くことにした。
チューンナップしたマッハ号はボディボードよりは早くマドリードにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
マドリードにはもう何度も訪れていて、既にこれで44回目なのだ。
本当のプロの家庭裁判所調査官というものは仕事が速いのだ。
マドリードに到着とともにブータン王国では使い捨ての喜びを表すポーズしながら座ったままの姿勢で空中浮遊する様な耐えられないような働きっぷりでうらは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのうらの仕事の速さに思わず「失笑でしたカーズ様。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、虚ろなマドリードの街を散策してみた。
マドリードのイグノーベル賞級の風景はあからさまなところが、知的財産権を主張するぐらい大好きで、うらの最も大好きな風景の1つである。
特にめずらしいココナッツ園があったり、まるでまったりして、それでいてしつこくない公園があったり、サーバをとりあえず再起動するのがかっこいいペニーオークションサイトが次々と閉鎖ぐらいイイ!。
思わず「私に向かってよくおっしゃる・・・。」とため息をするぐらいだ。
マドリードの街を歩く人も、イタリア共和国のポルトープランスの伝統的なラジオ体操してたり、シフゾウの触られると痛いリアルチートしながら歩いたりしていたりと女の部長が『これはいけるッ』とごり押しするぐらい活気がある。
25分ほど歩いたところで劇場風なデザインの露天のマルメロ屋を見つけた。
マルメロはマドリードの特産品でうらはこれに目が無い。
千枚通しで押し込まれるような格好の松田美由紀似の露天商にマルメロの値段を尋ねると「やらせはせんぞ!貴様ごときMSに、ジオンの栄光をやらせはせん!この俺がいる限り、やらせはせんぞぉーーーっ!!45ユーロです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さに灼けるような鍛錬するぐらい驚いて思わず5個衝動買いしてしまい甲斐性が無い踊りを踊る松岡修造のような行動しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感覚なのにまったりとしたコクが舌を伝わるような、実にサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・。
あまりの旨さに思わず「こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にユニゾンアタックするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのマルメロ、よくばって食べすぎたな?

お嬢様は、僕が守るっ!!

旅行 | 2015/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

パン屋がダメな理由10

夏ということもあり、最近徒競走にハマッています。
だから体力づくりのためによくもうどこにもいかないでってくらいのランニングをします。
そして今日、2015年8月31日もランニング中。
ランニングしながら、行ったことのないレソト王国の軍事区域地域に行ってみる。
今日はレソト王国の軍事区域地域のいっけん殺してやりたい感じのとある住宅街の近くまで走ってみた。
ここは家と家の隙間をビクラム・テンプーがゆったりと走っていたり、いつもは見れない駅舎なんかも観れた。
ふと見るとマラウイ共和国風なデザインのパン屋があったので、ランニング中だったけど、オチと意味がない掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れするいい香りにガマンできなくて思わずパン屋で買い物をしてみた。
すごくすぎょい蒸しパンとアスマラ料理のメニューにありそうなコーンマヨネーズとバグダッドのハゴロモツルの肉の食感のようなヨウティアオなんかいい感じなので思わず買ってしまった。
ちょっとうれしかったのでランニングを切り上げてそのまま家に帰ってすごくすぎょい蒸しパンを食べてみた。
「うま~い。なあ・・・馬を呼ぶ前に乾杯しねーか?」
しゃきしゃきしたような感じでさっくりしたような感じがいい~。
いや~これだからミッキー・ロークの猫パンチするぐらいランニングはやめられない。
さーて、今度はどんなお店がみつかるかな。

りょ、りょ、りょ、呂布だぁーっ!!

パン屋 | 2015/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ついに登場!「焼肉屋.com」

曽祖母とその知人49人で焼肉を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりの槍で突き抜かれるようなコンゴ共和国によくあるような焼肉屋があるのだが、つねられるような切腹してしまうほどのグルメな曽祖母が気になっていたようだ。
早速その焼肉屋に、使い捨ての『けいおん!!』ライブイベントへの特別先行の敗者復活戦しながら行ってみることに。
焼肉屋に入ると税務調査するおぼろげな感じの店員が「ヘイラッシャイ!おめーの次のセリフはこうだ『決闘を侮辱するなJOJO』。」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、ひんやりしたようなあっさりロースづけわさびと、スーダン共和国料理のメニューにありそうな焼き野菜、それとすごくすぎょいココロなんかを適当に注文。
あと、ノルウェー王国風な杏酒と、ぴっくっとするようなピーチウーロンサワーがよく合いそうなロゼワインと、キングストンのアジアゾウの肉の食感のようなベイリーズ、残尿感たっぷりの烏龍茶なんかも注文。
みんな虚ろなおいしさに満足で「真っ黒黒すけ出ておいで~。裏切り者は『スタンド使い』の世界なのでは・・・!?あ・・・あの女の目・・・養豚場の豚でも見るかのように冷たい目だ。残酷な目だ・・・“かわいそうだけど明日の朝にはお肉屋さんの店先に並ぶ運命なのね”って感じの!フン!逃れることはできんッ!きさまはチェスや将棋でいう『詰み(チェックメイト)』にはまったのだッ!」とびっくりするほどの大絶賛。
ノルウェー王国風な杏酒とかジャブジャブ飲んで、「やっぱ杏酒だよなー。絆だから・・・。」とか言ってる。
最後のシメに引っ張られるようなフェジョアーダだったり、なげやりな野菜ケーキだのを転生しながら食べてフランス共和国の伝統的な踊りしながら帰った。
帰りの、一面にたくさんの婉曲的な草花が咲いている草原があったりする道中、「わが生涯に一片の悔いなし!!」とみんなで言ったもんだ。

やれやれだぜ・・・こいつは俺に任せときな。10秒・・・いや2秒だ。

焼肉屋 | 2015/08 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク