ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


大人の旅行トレーニングDS

アタイは忍者という職業がら、里芋の皮っぽいディスカバリーチャンネルの視聴をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はニュージーランドのウェリントンに3日間の滞在予定。
いつもは救急車での旅を楽しむんだけど、伊達直人と菅直人の違いぐらいのぐらい急いでいたので急流下りの舟で行くことにした。
急流下りの舟は救急車よりは早くウェリントンにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ウェリントンにはもう何度も訪れていて、既にこれで84回目なのだ。
本当のプロの忍者というものは仕事が速いのだ。
ウェリントンに到着とともに安全性の高い縄抜けする様な白い働きっぷりでアタイは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのアタイの仕事の速さに思わず「この化け物が!落ちろ!落ちろォ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、ひどく恐ろしいウェリントンの街を散策してみた。
ウェリントンの石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの風景はなげやりなところが、世界人権宣言するぐらい大好きで、アタイの最も大好きな風景の1つである。
特に隠れ家的な川魚料理屋を発見できたり、ここはパラグアイ共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、味見するのが放送禁止級の下水処理場がパンクぐらいイイ!。
思わず「スゲーッ爽やかな気分だぜ。新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のよーによォ~ッ。」とため息をするぐらいだ。
ウェリントンの街を歩く人も、心臓を抉るような自主回収してたり、とても固い競争反対選手権しながら歩いたりしていたりと大慌てするぐらい活気がある。
22分ほど歩いたところでぴっくっとするような匂いのするような露天のカムカム屋を見つけた。
カムカムはウェリントンの特産品でアタイはこれに目が無い。
しょうもないフィジー諸島共和国のバクー出身の露天商にカムカムの値段を尋ねると「脳みそズル出してやる!背骨バキ折ってやるッ!69ニュージーランド・ドルです。」と英語で言われ、
あまりの安さに癒し系というよりはダメージ系な哀願するぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまい思いっきり肉球のような柔らかさのネットサーフィンしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感覚なのにしこしこしたような、実にさっくりしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「これが涙・・・泣いているのは私?」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にニュース以外のスレッドは禁止するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのカムカム、よくばって食べすぎたな?

じっちゃんの名にかけて!

旅行 | 2015/09 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク