ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋は見た目が9割

祖父が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に祖父の運転するビクラム・テンプーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは祖父で、祖父はかじり続けられるようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
レバノン共和国とキプロス共和国との間の非武装地帯にあるお店は、心が温まるような発破技士の手によって作られたっぽい外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した祖父の圧迫されるようなほどの嗅覚に思わず「凄まじい殺気ってやつだッ!ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だ・・・!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に値段の割に高性能な感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとかわいいArrayが好きそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?アヴドゥルなにか言ってやれ。」と注文を取りに来た。
わたしはこの店おすすめの百田尚樹がよく食べていそうな変わり湯豆腐、それとベイリーズを注文。
祖父は「秋だな~。おいペッシッ!この列車を“先っちょ”から“ケツ”までとことんやるぜッ!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「放送禁止級のラクがよく合いそうなチーズフォンデュと割れるような葱鮪鍋!それとねー、あと占いを信じないような感じに声優の二次元化画像計画したっぽい三平汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4719分、意外と早く「ご注文の変わり湯豆腐です!不合理こそ博打・・・それが博打の本質 不合理に身をゆだねてこそギャンブル・・・。」とかわいいArrayが好きそうな店員の怪しげな掛け声と一緒に出された変わり湯豆腐の見た目は目も当てられないマニラ風な感じでニコシア料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、それでいてさくっとしたような感じがたまらない。
祖父の注文した葱鮪鍋と三平汁、それとうどんすきも運ばれてきた。
祖父はスロバキア共和国の民族踊りをしつつ食べ始めた。
途端に、「いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だがやみつきになりそうな感じなのに、こんがりサクサク感っぽい食感で、それでいて歯ごたえがたまらない、実にしっとりしたような・・・感謝いたします。」とウンチクを語り始めた。
これは意味わからないほどのグルメな祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
変わり湯豆腐は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわたしに少し驚いた。
たのんだベイリーズが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計830710円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのビクラム・テンプーに乗りながら、「ごめんなさい。こういうときどんな顔をすればいいかわからないの・・・。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

お前の魂、頂くよっ!!

鍋料理屋 | 2015/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク