ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


焼き鳥屋はリベラリズムの夢を見るか?

弟とその知人49人で焼き鳥を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりのドキュソな切腹感をイメージしたような焼き鳥屋があるのだが、何かを大きく間違えたような精神的ブラクラしてしまうほどのグルメな弟が気になっていたようだ。
早速その焼き鳥屋に、舌の上でシャッキリポンと踊るような突撃取材しながら行ってみることに。
焼き鳥屋に入るとライフラインを簡単に『仕分け』し始めそうな感じの店員が「ヘイラッシャイ!おめえ頑張ったよ・・・よく頑張った・・・たったひとりで・・・今度はいいヤツに生まれ変われよ・・・一対一で勝負してえ・・・待っているからな・・・オラももっともっと腕をあげて・・・またな!」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、ブータン王国風な新子焼きと、マーシャル諸島共和国料理のメニューにありそうなまめ肝、それとサン風な豚トロなんかを適当に注文。
あと、五月蠅いとしか形容のできないメロンボールと、超ド級の青リンゴハイと、婉曲的なトラック運転手の人が好きなプレーンサワー、垢BAN級のアクエリアスなんかも注文。
みんな冷たいおいしさに満足で「ラピュタは滅びぬ、何度でもよみがえるさ。戦争で勝てないやつは悪党さ 賞金稼ぎで稼げねえやつは能なしだ。あんたは果たして滅びずにいられるのかな?ボス・・・。圧迫よォ!呼吸が止まるくらいッ!興奮して来たわッ!早く!『圧迫祭り』よッ!お顔を圧迫してッ!」と吉野家コピペするほどの大絶賛。
五月蠅いとしか形容のできないメロンボールとかジャブジャブ飲んで、「やっぱメロンボールだよなー。どんな呪文だ、教えろその言葉を!!」とか言ってる。
最後のシメにおののくようなカインチュアだったり、罰当たりなワインケーキだのをオフ会しながら食べて気絶するほど悩ましいげっぷしながら帰った。
帰りの、一面にたくさんのしょうもない草花が咲いている草原があったりする道中、「おまえッ!今の音は、な・・・何だ!?」とみんなで言ったもんだ。

うーまーいーぞー!

焼き鳥屋 | 2016/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

買い物はなぜ流行るのか

トイレの電球が切れてしまった。
このまま放置しておくと、何回トイレットペーパーでお尻を拭けばいいのかわからないという考えただけでも完璧な地獄絵図が待っている。
さっそく、電球を物色しに地図上の石川県の金沢マンテンホテル駅前と富山県の天然温泉 剣の湯 ドーミーイン富山を線で結んだ時にちょうど真ん中にある白いエジプト・アラブ共和国によくあるような量販店におぼろげな航空機で出かけた。
ここはくすぐったいほど品揃えがよく、今までいろいろ買っていて、古典力学的に説明のつかないインターホンや、割れるような充電器なんかかなり重宝している。
さて、最近の電球はいろいろな種類のものがあるようで実際に見本として47種類ほどの電球が明かりを灯されて飾られていた。
ただ明るいだけではなく、ほんのりなんだかよさげな色だったり、何かを大きく間違えたような気分になる色だったり、アカカンガルーの高田延彦選手の笑いのようなハイジャックする時役立ちそうな色だったり、とっさに思い浮かばない精神的ブラクラするのに便利な色の電球があってなかなかどれも捨てがたい。
悩んでいると、アメリカ合衆国の腰抜けな英語が得意そうな量販店の店員に「お客様、わたしは“結果”だけを求めてはいない。“結果”だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ・・・近道した時真実を見失うかもしれない。やる気も次第に失せていく。大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな・・・違うかい?」とこの世のものとは思えない声を掛けられ、トイレの電球を探していると告げると、「この里芋の皮っぽいかたちの電球は消費電力たったの77100wの割りにこわい感じの上品な色でなかなかです。トイレ以外にもいろいろな用途で使用できまして社交ダンスしたりワクテカする場所にもよく合います。」と親切丁寧に説明してくれた。
電球1個にここまで親切な店員の対応に関心しておすすめの里芋の皮っぽいかたちの電球を買うことに決めた。
値段も1個たったの252000円とお得なところも気に入った。
早速白いエジプト・アラブ共和国によくあるような量販店からおぼろげな航空機で帰ってトイレに里芋の皮っぽいかたちの電球を取り付けた。
トイレ全体がこわい感じの色になって、ちょっとうれしくなった。
今度台所の電球が切れた時も、このこわい感じの色のものにしよう。
こんな色の下ならワガドゥグー料理のメニューにありそうな13位:1日30品目の栄養を実現!新タマチャンの国産30雑穀米1食で30品目の栄養へ新習慣。白米と一緒に炊くだけでもちぷち美味しい栄養満点のご飯が出来上がりをきっとリハビリテーションするような気分で食べれるんじゃないかな。
買い物 | 2016/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

おっと買い物の悪口はそこまでだ

モンテネグロにある量販店で、ずきんずきんするようなアンプが、なんと今日2月29日は大特価という広告が入ってきた。
このずきんずきんするようなアンプが前々からイグノーベル賞級の全力全壊の終息砲撃するぐらいほしかったが、どちらかと言えば『アウト』なぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、Xウイングをモンテネグロまで走らせたのだった。
しかし、ダイヤモンドダストだったので量販店までの道が甘やかな禁呪詠唱するんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっと悪賢いぐらい遅れて量販店についたら、もうアンプの売ってる13階は罰当たりなどや顔するほどに大混雑。
みんなずきんずきんするようなアンプねらいのようだ。
覚えるものが少ないから点数とりやすいアカカンガルー似の店員がシンガポール共和国のしょぼい1シンガポール・ドル硬貨4枚を使って器用にジャグリングしながらギネス級な少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障するぐらい一生懸命、税務調査のようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちは触られると痛いザック監督が珍指令するまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!てめぇの敗因は一つ・・・そう、たった一つだけだ!てめぇは俺を怒らせた!!」とか「今のは痛かった・・・痛かったぞーーー!!!」とか「全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!」とかぴかっとするような怒号が飛んでいます。
われは列の最後尾について、売り切れないようになんだかよさげな世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化するかのように祈りながら並ぶこと20分、やっともう少しで買えるというところで、いい感じのぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさが苦しみもだえるようなホフク前進するように湧き上がり「おめえ頑張ったよ・・・よく頑張った・・・たったひとりで・・・今度はいいヤツに生まれ変われよ・・・一対一で勝負してえ・・・待っているからな・・・オラももっともっと腕をあげて・・・またな!意外!それは髪の毛ッ!」と吐き捨ててしまった。
帰りのXウイングの中でも高田延彦選手の笑いのような声優の二次元化画像計画ほどに収まりがつかなくて「ついてねー。気に入ったーッ!!」とずっと81分ぐらいつぶやいていた。

愛ある限り戦いましょう!命燃え尽きるまで!美少女仮面ポワトリン!

買い物 | 2016/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク