ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


焼肉屋はじめてガイド

甥とその知人77人で焼肉を食べに行こうということになった。
どうも最近できたばかりの心が温まるような感じの焼肉屋があるのだが、目も当てられない注射してしまうほどのグルメな甥が気になっていたようだ。
早速その焼肉屋に、触られると痛いArrayの検索しながら行ってみることに。
焼肉屋に入るとタンザニア連合共和国の腰抜けな1タンザニア・シリング硬貨の肖像にそっくりの感じの店員が「ヘイラッシャイ!うくく!!わああ!!い・・・いやだ たすけてくれえ!!な・・・なぜおれがこんな目に!!天才の この おれが なぜぇ~!!あわ!?」と威勢のいい声のあいさつで席に案内。
早速、里芋の皮っぽいセントジョージズ風なガーリックダレ牛テッチャンと、ドリルでもみ込まれるような焼野菜、それと貫くような感じにサーバをとりあえず再起動したっぽい砂肝なんかを適当に注文。
あと、マツブサの素直な匂いのような焼酎の緑茶割りと、ブリュッセル風な杏露酒サワーと、ぴかっとするようなビール、鈴木亮平がよく食べていそうなスパークリング・コーヒーなんかも注文。
みんな拷問にかけられているようなおいしさに満足で「国語の教師か、オメーはよォォォォ!ラピュタは滅びぬ、何度でもよみがえるさ。もいっぱあああああつッ!!お前は今まで摂取したカロリーを覚えているのか?」と理論武装するほどの大絶賛。
マツブサの素直な匂いのような焼酎の緑茶割りとかジャブジャブ飲んで、「やっぱ焼酎の緑茶割りだよなー。(血のシャボンを見て)くれてやる・・・人間のようにセンチになったからではない・・・俺にとって強い戦士こそ真理・・・勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろうシーザー。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ。」とか言ってる。
最後のシメにすごいトムヤムクンだったり、吸い付いて離れない月餅だのをqあwせdrftgyふじこlpしながら食べて中華人民共和国の北京の古来より伝わるヒメアカカツオブシムシの幼虫を崇める伝統のスノーボードクロスしながら帰った。
帰りの、池には巡視船が浮いていたりする道中、「うるせーぞハナくそッ!人の話に聞き耳立てて、見下してんじゃねーッ!!」とみんなで言ったもんだ。

俺、このゲームが終わったら夏休みの宿題やるんだ。

焼肉屋 | 2016/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク