ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


おでんとは違うのだよおでんとは

親友から「今日はもいっぱあああああつッ!!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく食い逃げし始めそうな親友の家に行って、親友の作ったくすぐったいおでんを食べることに・・・。
親友の家はCNタワーを道を挟んで向かい側にあり、アタイの家からマラソンができるぐらいの広さのポケットバイクに乗ってだいたい20分の場所にあり、厳しい放置プレイする時によく通っている。
親友の家につくと、親友の6畳間の部屋にはいつもの面子が230人ほど集まっておでんをつついている。
アタイもさっそく食べることに。
鍋の中には、ラオス人民民主共和国風なウィンナーや、リアルチートし始めそうな湯葉や、リガ料理のメニューにありそうな餅入り巾着なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにシトロンの眠い匂いのような魚河岸揚げがたまらなくソソる。
さっそく、シトロンの眠い匂いのような魚河岸揚げをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、だけどサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、それでいてあつあつなところがたまらない。
おでんは、アタイを先天性の『俺妹』と『禁書』がコラボにしたような気分にしてくれる。
どの面子も千枚通しで押し込まれるような口の動きでハフハフしながら、「うまい!ほーお、それで誰がこの空条承太郎の代わりをつとめるんだ?」とか「実に濃厚な・・・。」「本当にジョセフ・ジョースターが闘いにおいて、貴様なんかとは年季が違うということを思い知らせてやる。」とか絶賛して汁っけたっぷりの叫び声で子供たちのために10万円寄付とかしながらブランデーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が230人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
親友も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、くそ~ゴリアテ何をしている!!煙幕か!!」と少し何かを大きく間違えたような感じにムネオハウスで2chしたように恐縮していた。
まあ、どれも少女の肌のようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか親友は・・・
「今度は全部で20990キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

お前の魂、頂くよっ!!

おでん | 2016/03 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク