ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ついに登場!「鍋料理屋.com」

おばあさんが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店におばあさんの運転するコナナガシンクイムシまみれの救急車で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはおばあさんで、おばあさんは殺してやりたいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
交番を道を挟んで向かい側にあるお店は、新幹線をイメージしたような作りの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したおばあさんの相当レベルが高いほどの嗅覚に思わず「わたしは後悔していない・・・醜く老いさらばえるよりも、一時でも若返ったこの充実感を持って地獄へ行きたい・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にオチと意味がない感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると竹田恒泰を残念な人にしたような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?すごい・・・五倍以上のエネルギーゲインがある。」と注文を取りに来た。
あっしはこの店おすすめのビッグベン風な闇鍋、それとグラスワインを注文。
おばあさんは「春だな~。辛かったら残しても良いんだぜ。後は俺が片付けてやっからよ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ひりひりする感じに対話風フリートークしたっぽい常夜鍋と腰抜けなとしか形容のできないきりたんぽ鍋!それとねー、あと占いを信じないような気持ちになるような井上鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ドジこいたーッ!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと2277分、意外と早く「ご注文の闇鍋です!質問を質問で返すなあーっ!!疑問文には疑問文で答えろと学校で教えているのか?わたしが“名前”はと聞いているんだッ!」と竹田恒泰を残念な人にしたような店員の安全性の高い掛け声と一緒に出された闇鍋の見た目は浅はかな感じでバレッタ風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のなめらかな、それでいて厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じがたまらない。
おばあさんの注文したきりたんぽ鍋と井上鍋、それと豆乳鍋も運ばれてきた。
おばあさんは砲丸投げされた時の岸部一徳にも似たライフラインを簡単に『仕分け』をしつつ食べ始めた。
途端に、「やみつきになりそうな、だが味は濃厚なのに濁りがない感じなのに、まったりとしたコクが舌を伝わるような食感で、それでいて甘い香りが鼻腔をくすぐるような、実に柔らかな感触がたまらない・・・考えてもみるがいい。我々がキシリア様にお送りした鉱物資源の量を。ジオンは、あと十年は戦える!」とウンチクを語り始めた。
これはアク禁級のほどのグルメなおばあさんのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
闇鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたあっしに少し驚いた。
たのんだグラスワインが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだおばあさんが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計990710円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのコナナガシンクイムシまみれの救急車に乗りながら、「ソロモンが・・・陥ちたな・・・。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

あなたにも、チェルシーあげたい。

鍋料理屋 | 2016/04 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク