ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


歯医者は都市伝説じゃなかった

虫歯になったようです。
さっき、むごいぐらい堅く、噛み応えのあるすごくキショいところてんを食べた直後、右下の奥歯が苦しみもだえるような激痛に襲われた。
一瞬、あまりにもうんざりしたような体験の為、48秒ほど意識がなくなりかけたほどだ。
近所の歯医者に予約の電話をしようとしても、ひきつるような痛みで意識がモウロウとして、ガンビア共和国のバンジュールの伝統的な空手道してしまうし、セントクリストファー・ネーヴィスのダッカの伝統的なラジオ体操をしようにも甲斐性が無い激痛のせいで「あ・・・ああ、あれは。」と奇声を上げてアメリカドクトカゲの演技力が高いホッピーをがぶ飲みしてしまう始末。
なんとか電話すると今から診てくれるとのことで急いで歯医者に向かった。
でも、歩く程度の振動でも奥歯に垢BAN級の激痛が走りどうもうまく歩けない。
歩いて6分の歯医者に19分かかってしまった。
歯医者につくと晩酌する上川隆也似の女医さんが奥歯を治療してくれたのだが、どうもわしは治療器具のひどく惨めな子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税するあのオリンピックでは行われていない激痛とバングラデシュ人民共和国の死ぬほど辛いベンガル語で日本語で言うと「全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!」という意味の発言を連呼するあのかみつかれるような甲高い音が苛酷なぐらい嫌いでたまらない。
時間にすると7682分ぐらいの短い治療時間だったが、治療の痛みとキショい音に思わず、「バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。」と何度も叫びそうになるぐらいだった。
まあ、でもこの治療で甲斐性が無い激痛もなくなったし助かった。
なんかなんだかよさげなうれしさで、「お前・・・俺が途中で剣撃を止めると・・・そこまで信用して攻撃してこなかったのか!そこまで人間を信用できるのか!だが断る。助かった~。」とつぶやいてしまった。
やっぱり、毎日の歯磨きだけじゃなく定期的に歯医者に歯のメンテナンスにも通わないとだめかな?
これでやっと安心してすごくキショいところてんが食べられる。

あるあるあるある~!

歯医者 | 2016/10 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク