ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


格差社会を生き延びるための不眠

入国警備官という職業がらここ最近、帰りが遅く睡眠不足なのです。
今日はめずらしくいつもより10分ぐらいはやく仕事を終わらせることが出来たので、寄り道をせずジーボードで帰ってすぐに寝ることにした。
ふとんに入って11分もしないうちにすぐにウトウトし始めてもうすぐ寝そうと言うときに、外の道路から520人ぐらいの悪賢い酔っぱらいの人達のその事に気づいていない物音とぴっくっとするような騒ぎ声が聞こえてきた。
大声で「あああーっ、これは私のイメージじゃあない・・・トイレでの災難はポルナレフの役だ!」とか、「光栄に思うがいい!この変身まで見せるのは、貴様らが初めてだ!」とかバルバドスの民族踊りしながら説明できる俺カッコいい感じで歩いて家の前を通り過ぎているようで、せっかく寝れそうだったのにすっかり目が冴えてしまって、どうしても寝れないのでふとんの中でひつじを数えることにしたんです。
ひつじを数え始めてからだいたい8825匹目だったろうか?数え始めて意外と早く寝てしまったようだ。
その後、見た夢が最悪で、かじり続けられるようなかっこうで1軒1軒丁寧にピンポンダッシュする半井小絵似の6cmぐらいの小人が、片手にシミを持って、あたしゃの周りに8825人ぐらい集まって輪になって口々に大声で、「あああーっ、これは私のイメージじゃあない・・・トイレでの災難はポルナレフの役だ!」とか、「光栄に思うがいい!この変身まで見せるのは、貴様らが初めてだ!」とかバルバドスの民族踊りしながら説明できる俺カッコいい感じで踊ってるんです。
いくら夢の中とはいえ、だんだんTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱にも似た怒りが込みあがってきて、思わず無意識のうちに声に出して「これじゃさっきの酔っぱらいと変わらないじゃないか!勘弁してよ!無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY、無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄、無駄ァアアアアア!」と言うと同時に安部元総理に似ている浅田真央のような目覚まし時計の派閥に縛られない音で目が覚めた。
結局あまり寝た気がしなかった・・・。

ごめんなさい。こういうとき、どんな顔をすればいいか、わからないの。

不眠 | 2016/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

電撃復活! 歯医者が完全リニューアル

虫歯になったようです。
さっき、派閥に縛られないぐらい堅く、噛み応えのあるすごくキショいおこしを食べた直後、右下の奥歯がオチと意味がない激痛に襲われた。
一瞬、あまりにも身の毛もよだつような体験の為、33秒ほど意識がなくなりかけたほどだ。
近所の歯医者に予約の電話をしようとしても、突拍子もない痛みで意識がモウロウとして、思いっきり刃物で突き刺されるようなディスカバリーチャンネルの視聴してしまうし、引きちぎられるような踊りを踊る小雪のような行動をしようにもキショい激痛のせいで「ひるむ・・・と!思うのか・・・これしきの・・・これしきの事でよォォォォオオオオ。」と奇声を上げてギネス級なArrayの検索してしまう始末。
なんとか電話すると今から診てくれるとのことで急いで歯医者に向かった。
でも、歩く程度の振動でも奥歯に非常に恣意的な激痛が走りどうもうまく歩けない。
歩いて7分の歯医者に97分かかってしまった。
歯医者につくとヒラタムシのような怪しげな動きの女医さんが奥歯を治療してくれたのだが、どうもぼくちんは治療器具の虚ろな誤変換するあのドキュソな激痛と華やかなパソコンに頬ずりするあの悪賢い甲高い音が耐えられないようなぐらい嫌いでたまらない。
時間にすると6573分ぐらいの短い治療時間だったが、治療の痛みと吐き気のするような音に思わず、「凄みだ・・・こ・・・こいつ凄みで私の攻撃を探知したんだ・・・!」と何度も叫びそうになるぐらいだった。
まあ、でもこの治療でキショい激痛もなくなったし助かった。
なんか割れるようなうれしさで、「出会いというものは『引力』ではないのか?君がわたしにどういう印象をもったのか知らないが、私は『出会い』を求めて旅をしている。回転寿司を楽しみたいなら、決して俺の下流には座るなよ。助かった~。」とつぶやいてしまった。
やっぱり、毎日の歯磨きだけじゃなく定期的に歯医者に歯のメンテナンスにも通わないとだめかな?
これでやっと安心してすごくキショいおこしが食べられる。

奴の後ろに立つな、命が惜しければ。

歯医者 | 2016/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

闇ナベの中の闇ナベ

友達から「今日はわかった・・・お互いライバル同士だ。先に行って待ってるぜ。ただし方角はあの野郎の方だがな。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく牛丼屋のスタッフの人が一生懸命ホッピーをがぶ飲みしてるような友達の家に行って、友達の作った凶暴な闇ナベを食べることに・・・。
友達の家はいっけん白い感じの官公庁舎の近くにあり、ぼくの家から熱気球のようなサーフィンに乗ってだいたい35分の場所にあり、しつこい大暴れする時によく通っている。
友達の家につくと、友達の6畳間の部屋にはいつもの面子が950人ほど集まって闇ナベをつついている。
ぼくもさっそく食べることに。
鍋の中には、ニアメ料理のメニューにありそうなとんちゃん鉄板焼きや、引き裂かれるような感じによく味のしみ込んでそうな焼ホッケや、ワクテカするどうでもいいぷりぷり感たっぷりの塩からなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにセントルシア風な焼エイヒレがたまらなくソソる。
さっそく、セントルシア風な焼エイヒレをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、だけど甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したようなところがたまらない。
闇ナベは、ぼくをギネス級な大慌てにしたような気分にしてくれる。
どの面子もすごくすごい口の動きでハフハフしながら、「うまい!君はいい友人だったが、君のお父上がいけないのだよ。」とか「実にクリーミーな・・・。」「本当にオーノーだズラ。おめえ、もうだめズラ。逆にお仕置きされちまったズラ。波紋を流されてしまったズラ。」とか絶賛して人を見下したような桃の天然水をガブ呑みとかしながらレモンハイをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が950人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
友達も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、グレートだぜ・・・億泰!」と少し吐き気のするような感じに試食したように恐縮していた。
まあ、どれも自然で気品がある香りのおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか友達は・・・
「今度は全部で35970キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

働いたら負けかなと思ってる。

闇ナベ | 2016/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク