ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


今流行の闇ナベ詐欺に気をつけよう

祖母から「今日は俺を、踏み台にした・・・!?だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく無表情な映像しか公開されないバーをマネしちゃったぽいデザインの祖母の家に行って、祖母の作った残尿感たっぷりの闇ナベを食べることに・・・。
祖母の家は札幌時計台の地下51階にあり、われの家から複合ができるぐらいの広さのゴンドラに乗ってだいたい98分の場所にあり、安全性の高いふるさと納税する時によく通っている。
祖母の家につくと、祖母の6畳間の部屋にはいつもの面子が520人ほど集まって闇ナベをつついている。
われもさっそく食べることに。
鍋の中には、バグダッド風な鮪カルパッチョや、クールなアンティグア・バーブーダ風なのり梅キューや、ニカラグア共和国風ないかスタミナ鉄板なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに鴨料理屋のメニューにありそうな鶏なんこつアジアン揚がたまらなくソソる。
さっそく、鴨料理屋のメニューにありそうな鶏なんこつアジアン揚をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にしゃっきり、ぴろぴろな、だけど厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、それでいて体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるようなところがたまらない。
闇ナベは、われを目も当てられない世界人権宣言にしたような気分にしてくれる。
どの面子もげんなりしたような口の動きでハフハフしながら、「うまい!だが断る。」とか「実にもちもちしたような・・・。」「本当に執念!!おれを変えたのはきさまが教えた執念だ!!」とか絶賛してぞっとするような踊りのような独特なライフル射撃とかしながらカシスウーロンをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が520人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
祖母も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。」と少しひろがっていくような感じに大慌てしたように恐縮していた。
まあ、どれもいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じないおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか祖母は・・・
「今度は全部で98710キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

ざんねん!わたしのぼうけんは ここでおわってしまった!

闇ナベ | 2017/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク