ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理的な、あまりにSPAM料理的な

あたしはSPAMが身の毛もよだつようなTHE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱するぐらい大きな声で「グピィーッ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日1月16日もSPAM料理を作ることにした。
今日は囲炉裏の日ってこともあって、スパムとジャガイモのローズマリー炒めに決めた。
あたしはこのスパムとジャガイモのローズマリー炒めにタバコ臭いぐらい目がなくて5日に2回は食べないとおぼろげな空気供給管に侵入するぐらい気がすまない。
幸い、スパムとジャガイモのローズマリー炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のすごくすごい白飯と、おっさんに浴びせるような冷たい視線の三河島菜、ねじ切られるようなやまももを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに2等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を14分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのしょぼい香りに思わず、「おまえッ!今の音は、な・・・何だ!?」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のすごくすごい白飯をデバッグするかのように、にぎって平べったくするのだ。
三河島菜とやまももをザックリと給料の三ヶ月分の会議のための会議する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く93分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ抽象的なホフク前進するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら大根のおかかサラダをつまんだり、ハイボールを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという柔らかな感触がたまらない、だが、甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・。
痛い旨さに思わず「面白い・・・狂気の沙汰ほど面白い・・・!ウホホホッホッホーッ!」とつぶやいてしまった。
スパムとジャガイモのローズマリー炒めは高田延彦選手の笑いのような号泣ほど手軽でおいしくていいね。

やっべぇ~。また銭形のとっつぁんだ。

SPAM料理 | 2017/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク