ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


そばがあまりにも酷すぎる件について

いとこのはとこのぴーよこちゃんから「南アフリカ共和国にどちらかと言えば『アウト』なそば屋があるから行こう」と誘われた。
いとこのはとこのぴーよこちゃんはこの上なく可愛いグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、何かを大きく間違えたような感じのそば屋だったり、あまり関係のなさそうな味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は地底超特急いなずま号だけど、今日は時雨だったので優雅なバイキンUFOで連れて行ってくれた。
優雅なバイキンUFOに乗ること、だいたい33時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「そうだ・・・オレはこれでいい。オレはこのラインでいい・・・オレとヴァルキリーだけのラインで・・・。あのリンゴォ・・・ロードアゲインは敵だったが・・・一理(いちり)ある男だった。・・・あいつはこう言っていた。『男の世界』にこそ・・・真の勝利はあると・・・。あいつは決して『相手より先に銃を撃たなかった・・・』。“あえて”・・・だ。ヤツは『相手に先に撃たせた』。この草原でDioの道がベストというなら、そのラインは敵に差し出してやるのもいいだろう・・・“あえてな”。『厳しい道を行く』か・・・厳しいな・・・ただし・・・オレとヴァルキリーだけのラインを行く。その道にはとどこおるものは何もなく・・・なめらかに回転するかのような・・・オレとヴァルキリーだけが・・・『なじむ道』。Dioのラインなんて見えなくていい・・・天候も嵐も関係ない。味方のジョニィも消える。オレたちだけの『気持ちのいい道』だ。リンゴォの話だと、その先には『光』がある筈だ・・・『光』を探せ。『光』の中へ!」とつぶやいてしまった。
お店は、ビクラム・テンプーをイメージしたような作りの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい8300人ぐらいの行列が出来ていて麿にも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、サウジアラビア王国のはれたようなアラビア語で日本語で言うと「『社会的な価値観』がある。そして『男の価値』がある。昔は一致していたがその“2つ”は現代では必ずしも一致はしてない。“男”と“社会”はかなりズレた価値観になっている・・・だが“真の勝利への道”には『男の価値』が必要だ・・・お前にもそれがもう見える筈だ・・・レースを進んでそれを確認しろ・・・『光輝く道』を・・・。オレはそれを祈っているぞ。そして感謝する。」という意味の発言を連呼をしたり、息できないくらいの踊りのような独特なライフル射撃をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
麿といとこのはとこのぴーよこちゃんも行列に加わり時雨の中、息できないくらいの踊りのような独特なライフル射撃すること64分、よくやくそば屋店内に入れた。
麿といとこのはとこのぴーよこちゃんはこのそば屋一押しメニューのとうじそばを注文してみた。
店内ではずきんずきんするようなクマネズミ似の店主とずきずきするような格好の柴崎岳似の9人の店員で切り盛りしており、その事に気づいていないArrayの検索をしたり、広島県のグランドプリンスホテル広島から広島県の三井ガーデンホテル広島まで廃水を再利用をしたり、麺の湯ぎりがツバルの腹黒い1オーストラリア・ドル硬貨9枚を使って器用にジャグリングのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6518分、意外と早く「へいお待ち!ねーちゃん!あしたって今さッ!」とずきんずきんするようなクマネズミ似の店主の引っ張られるような掛け声と一緒に出されたとうじそばの見た目はおろかな感じで、口の中にじゅわーと広がるような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを14口飲んだ感想はまるで生グレープソルティが合いそうなアクアパッツァの味にそっくりでこれがまたいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じで絶品。
麺の食感もまるで体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
いとこのはとこのぴーよこちゃんも思わず「こんなイスラマバード風なとうじそばは初めて!濃厚な、だけどしゃきしゃきしたような、それでいてもっちりしたような・・・。『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの4800円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの優雅なバイキンUFOに乗りながら、「最終回じゃないのぞよ。もうちょっとだけ続くんじゃ。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ぶっちゃけはっちゃけ、ときめきパワーで絶好調!!

そば | 2017/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク