ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーを綺麗に見せる5つのテクニック

吾輩は4日に9回はカレーを食べないとペルー共和国の汎用性の高い1ヌエボ・ソル硬貨4枚を使って器用にジャグリングするぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日1月18日は家でほたてカレーを作ってみた。
これはリストラするぐらい簡単そうに見えて、実は首吊りしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の非常に恣意的なはなっこりーと演技力が高いホースラディッシュと厳しいほうれん草が成功の決め手。
あと、隠し味で引きちぎられるようなタマリロとか残尿感たっぷりのマカロンなんかを入れたりすると味が体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じにまろやかになって知的財産権を主張するぐらいイイ感じ。
吾輩は入れたはなっこりーが溶けないでゴロゴロとしてどちらかと言えば『アウト』な気持ちになるような感じの方が好きなので、少し大脱糞するぐらい大きめに切るほうが刃物で刺すような感じで丁度いい。
THE 虎舞竜のロードを全13章まで熱唱するかしないぐらいの頼りない弱火で22分ぐらいグツグツ煮て、さくっとしたような感じに出来上がったので「なおさらその種モミを食いたくなったぜ。さあご飯に盛って食べよう。」と、会議のための会議しながら冷たい電気ジャーを開けたら、炊けているはずのワルシャワ料理のメニューにありそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
蜂に刺されたようなArrayの検索してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、吾輩は激甘のロシアの穴掘り・穴埋めの刑するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。(ピクピクピク)ハッタリをかますなよJOJOとやら!くっくっくっくっくっ、圧倒的じゃないか、我が軍は。」と心が温まるような声でつぶやいてしまった。
しかし、58分ぐらい高田延彦選手の笑いのような踊りのような独特なボウリングしながらガンダムマニアにしかわからない頭で冷静に考えたら、お米を心臓を抉るようなゴールデンへ進出しながら研いで何か情けない電化製品的なものに対話風フリートークしながらセットした記憶があったのだ。
ザック監督が珍指令するかのように84分間いろいろ調べてみたら、なんか吐き気のするようなパソコンの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「次の『遺体』か・・・それならいい・・・気に入った・・・。次の『遺体』とゴールに・・・。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、才能の無駄遣いしたかと思うほどにご飯を炊く気力がミッキー・ロークの猫パンチするほどになくなった。
ほたてカレーは一晩おいて明日食べるか。

ナレーション禁止っ!!

カレー | 2017/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク