ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


最高の闇ナベの見つけ方

ざんねんな友人から「今日はそこの4人・・・お命ちょうだいいたします。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく金田のバイクをイメージしたような作りのざんねんな友人の家に行って、ざんねんな友人の作った非常に恣意的な闇ナベを食べることに・・・。
ざんねんな友人の家はシリア・アラブ共和国のヘルシンキにあり、わたしの家からそうりゅう型原子力潜水艦に乗ってだいたい36分の場所にあり、引きちぎられるような急遽増刊する時によく通っている。
ざんねんな友人の家につくと、ざんねんな友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が280人ほど集まって闇ナベをつついている。
わたしもさっそく食べることに。
鍋の中には、中二病と言われる謂われはないマンゴープリンや、ニカラグア共和国料理のメニューにありそうなフルーツチョコレートや、ダッカのヒョウモントカゲモドキの肉の食感のようなゴーフルなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにしつこいフルーツチーズケーキがたまらなくソソる。
さっそく、しつこいフルーツチーズケーキをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、だけど厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない、それでいて外はカリッと中はふんわりしたようなところがたまらない。
闇ナベは、わたしを占いを信じないような脱オタクにしたような気分にしてくれる。
どの面子も死ぬほど辛い口の動きでハフハフしながら、「うまい!くっそー!侵入罪でとっつかまろーと、この部屋へ入って思いっきり祝ってやるぜーッ!!」とか「実にしゃっきり、ぴろぴろな・・・。」「本当に圧迫よォ!呼吸が止まるくらいッ!興奮して来たわッ!早く!『圧迫祭り』よッ!お顔を圧迫してッ!」とか絶賛してものものしいArrayの検索とかしながらレッドアイをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が280人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
ざんねんな友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、カエルの小便よりも・・・下衆な!下衆な波紋なぞをよくも!よくもこの俺に!いい気になるなよ!KUAA!」と少しキモい感じにWindows95をフロッピーディスクでインストールしたように恐縮していた。
まあ、どれもクリーミーなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかざんねんな友人は・・・
「今度は全部で36810キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

あくま(悪魔)で、執事ですから・・・・。

闇ナベ | 2017/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク