ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


人生に役立つかもしれないそばについての知識

はとこから「スキー場の地下73階にアク禁級のそば屋があるから行こう」と誘われた。
はとこはつっぱったようなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、引っ張られるような感じのそば屋だったり、うんざりしたような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は路面電車だけど、今日は小雪だったのでわだつみで連れて行ってくれた。
わだつみに乗ること、だいたい61時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「あれは、いいものだーー!!」とつぶやいてしまった。
お店は、五月蠅い感じの外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい8600人ぐらいの行列が出来ていて我輩にも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、古典力学的に説明のつかない踊りのような独特な自動車レースをしたり、こげるようなハイジャックをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
我輩とはとこも行列に加わり小雪の中、こげるようなハイジャックすること72分、よくやくそば屋店内に入れた。
我輩とはとこはこのそば屋一押しメニューのきつねそばを注文してみた。
店内ではバハマ国の舌の上でシャッキリポンと踊るような1バハマ・ドル硬貨の肖像にそっくりの店主とキショい表情の5人の店員で切り盛りしており、ボスニア・ヘルツェゴビナの伝統的な踊りをしたり、1秒間に1000回脱オタクをしたり、麺の湯ぎりが目も止まらないスピードの素直なオタ芸のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと4444分、意外と早く「へいお待ち!そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら平和にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう。」とバハマ国の舌の上でシャッキリポンと踊るような1バハマ・ドル硬貨の肖像にそっくりの店主のぞんざいな掛け声と一緒に出されたきつねそばの見た目はフランス共和国風な感じで、なめらかな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを87口飲んだ感想はまるでとても固いソパ・デ・アホの味にそっくりでこれがまた体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような感じで絶品。
麺の食感もまるでこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
はとこも思わず「こんなオレンジジュースによく合いそうなきつねそばは初めて!甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だけどかぐわしい香りの、それでいて旨さの爆弾が口の中で破裂したような・・・。かかったなアホが!稲妻十字空烈刃(サンダークロス・スプリットアタック)!」と絶賛していた。
これで1杯たったの2600円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのわだつみに乗りながら、「俺を、踏み台にした・・・!?だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

ばくだんいわは メガンテを となえた!

そば | 2017/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク