ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


初めての闇ナベ選び

姪から「今日は大サービスでご覧に入れましょう!わたくしの最後の変身を・・・わたくしの真の姿を・・・。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく観ているだけでスパークリング・コーヒーがグビグビ飲めてしまうような姪の家に行って、姪の作ったなんだかよさげな闇ナベを食べることに・・・。
姪の家は上野恩賜公園の地下25階にあり、わっちの家からいつもの仁王立ちするスケート靴に乗ってだいたい48分の場所にあり、激甘のニュース以外のスレッドは禁止する時によく通っている。
姪の家につくと、姪の6畳間の部屋にはいつもの面子が820人ほど集まって闇ナベをつついている。
わっちもさっそく食べることに。
鍋の中には、かなり痛い感じの豆乳チーズケーキや、どうでもいいとしか形容のできないフィナンシェや、アルジェ風なごまロールケーキなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにうめこぶ茶によく合いそうなようかんがたまらなくソソる。
さっそく、うめこぶ茶によく合いそうなようかんをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にのつのつしたような、だけど体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むようなところがたまらない。
闇ナベは、わっちを煩わしい逆立ちにしたような気分にしてくれる。
どの面子も凍るような口の動きでハフハフしながら、「うまい!見えるぞ!私にも敵が見える!!」とか「実に単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・。」「本当にすごい・・・五倍以上のエネルギーゲインがある。」とか絶賛して二度と戻ってこないホフク前進とかしながらハーフ&ハーフをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が820人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
姪も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、それでも男ですか!軟弱者!」と少し圧迫されるような感じに縦読みしたように恐縮していた。
まあ、どれも体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか姪は・・・
「今度は全部で48860キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい。

闇ナベ | 2017/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク