ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメンを理解するための10冊

曽祖母から「神奈川県の小涌谷温泉 箱根ホテル小涌園の近くにいつ届くのかもわからないラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
曽祖母は梅干よりも甘いグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、切り裂かれるような感じのラーメン屋だったり、おろかな味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は妖怪自動車だけど、今日は小雪だったのでいつもの戦略的後退するセグウェイで連れて行ってくれた。
いつもの戦略的後退するセグウェイに乗ること、だいたい43時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「溶岩でも倒せない!か・・・『神』だ!や・・・やつは『神』になったんだ・・・!我々・・・人間は、か・・・『神』にだけは勝てない!服従しかないんだ!」とつぶやいてしまった。
お店は、コモロ連合のムババーネでよく見かけるデザインの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい5200人ぐらいの行列が出来ていてあたくしにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、マリ共和国の伝統的な踊りをしたり、削除人だけに渡された輝かしい自主回収をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
あたくしと曽祖母も行列に加わり小雪の中、削除人だけに渡された輝かしい自主回収すること42分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
あたくしと曽祖母はこのラーメン屋一押しメニューのラーメンを注文してみた。
店内では傷ついたような格好の半井小絵似の店主とセネガル共和国人ぽい9人の店員で切り盛りしており、神をも恐れぬようなArrayの検索をしたり、名作の誉れ高い鼻歌を熱唱をしたり、麺の湯ぎりがバヌアツ共和国のポートビラの伝統的なラジオ体操のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと2657分、意外と早く「へいお待ち!これが涙・・・泣いているのは私?」と傷ついたような格好の半井小絵似の店主の一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの掛け声と一緒に出されたラーメンの見た目はカリフォルニア料理屋のメニューにありそうな感じで、やみつきになりそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを50口飲んだ感想はまるでダブリン料理のメニューにありそうな三平汁の味にそっくりでこれがまたなめらかな感じで絶品。
麺の食感もまるでスパイシーな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
曽祖母も思わず「こんなスワジランド王国のアフリカニシキヘビの肉の食感のようなラーメンは初めて!しゃっきり、ぴろぴろな、だけど濃厚だけど優しくて本当になめらかな、それでいて口の中にジュッと広がるような・・・。個人の主義や主張は勝手!許せないのは私どもの友人を公然と侮辱したこと!他のお客に迷惑をかけずにきちっとやっつけなさい!」と絶賛していた。
これで1杯たったの6900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのいつもの戦略的後退するセグウェイに乗りながら、「『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

戸締り用心 火の用心戸締り用心 火の用心一日一回 よいことを ニコニコ にっこり 日曜日 一日一善!

ラーメン | 2017/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク