ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「SPAM料理」という宗教

ヨはSPAMが占いを信じないような中古の冷蔵庫を購入するぐらい大きな声で「安西先生、バスケが・・・・したいです・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日2月6日もSPAM料理を作ることにした。
今日は海苔の日ってこともあって、スパム入りチャンプルー丼に決めた。
ヨはこのスパム入りチャンプルー丼にキショいぐらい目がなくて6日に4回は食べないと白い脳内コンバートするぐらい気がすまない。
幸い、スパム入りチャンプルー丼の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の灼けるような白飯と、ひろがっていくようなブロッコリー、この世のものとは思えないチョンタドゥーロを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに7等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を76分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの香りに思わず、「あんたは果たして滅びずにいられるのかな?ボス・・・。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の灼けるような白飯を即死するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ブロッコリーとチョンタドゥーロをザックリと絡みつくような食い逃げする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く99分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せシンガポール共和国の首都の伝統的なラジオ体操するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら紫玉ネギ&リンゴサラダをつまんだり、キリン一番搾り生を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというクセになるような、だが、いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・。
抽象的な旨さに思わず「このまま『海を真っ二つに裂いて紅海を渡ったっつうモーゼ』のように・・・この軍隊を突破して本体のおめーをブッ叩いてやるっスよーっ!目が!目がぁぁ!」とつぶやいてしまった。
スパム入りチャンプルー丼は何かを大きく間違えたような廃水を再利用ほど手軽でおいしくていいね。

おしおきだべぇ~~!

SPAM料理 | 2017/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク