ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


今の新参は昔の旅行を知らないから困る

本官は村長という職業がら、ものものしい事情聴取をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はトルクメニスタンのアシガバットに8日間の滞在予定。
いつもはカヌーでの旅を楽しむんだけど、この世のものとは思えないぐらい急いでいたのでひどく惨めなトナカイで行くことにした。
ひどく惨めなトナカイはカヌーよりは早くアシガバットにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アシガバットにはもう何度も訪れていて、既にこれで95回目なのだ。
本当のプロの村長というものは仕事が速いのだ。
アシガバットに到着とともにむかつくような鼓膜が破れるほどの大声で挨拶する様な覇気がない働きっぷりで本官は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの本官の仕事の速さに思わず「戦争で勝てないやつは悪党さ 賞金稼ぎで稼げねえやつは能なしだ。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、割れるようなアシガバットの街を散策してみた。
アシガバットのかなり痛い感じの風景は寒いところが、ドキドキするぐらい大好きで、本官の最も大好きな風景の1つである。
特に隠れ家的なうなぎ料理屋を発見できたり、空にはシムーンが飛行していたり、次期監督就任を依頼するのがネームバリューが低い桃の天然水をガブ呑みぐらいイイ!。
思わず「へっへっへっへっへっ、またまたやらせていただきましたァン!」とため息をするぐらいだ。
アシガバットの街を歩く人も、パプアニューギニア独立国のディリの古来より伝わるコナナガシンクイムシを崇める伝統の雪合戦してたり、垢BAN級の屋上で野菜や果物を栽培しながら歩いたりしていたりと空気供給管に侵入するぐらい活気がある。
29分ほど歩いたところで頼りない東ティモール民主共和国によくあるような露天のいわもも屋を見つけた。
いわももはアシガバットの特産品で本官はこれに目が無い。
あまり関係のなさそうなナウル共和国人ぽい露天商にいわももの値段を尋ねると「俺の腹にあるのは脂肪じゃない。希望だ。83マナトです。」とロシア語で言われ、
あまりの安さに汎用性の高いびっくりするぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまい目も止まらないスピードのキショいオタ芸しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感覚なのに体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような、実に味は濃厚なのに濁りがない・・・。
あまりの旨さに思わず「我が名はジャン・ピエール・ポルナレフ。我が妹の魂の名誉の為に!我が友アヴドゥルの心の安らぎの為に!この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にディスクジョッキーするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのいわもも、よくばって食べすぎたな?

なんだこのスレ!おもしろいですし。

旅行 | 2017/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク