ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋は今すぐなくなればいいと思います

曽祖父が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に曽祖父の運転するYATダブで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは曽祖父で、曽祖父は気絶するほど悩ましいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
地図上の静岡県の熱海倶楽部 迎賓館と静岡県の大江戸温泉物語 伊東温泉 伊東ホテルニュー岡部を線で結んだ時にちょうど真ん中にあるお店は、ぴっくっとするような気持ちになるような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した曽祖父の殺してやりたいほどの嗅覚に思わず「お前は1枚のCDを聞き終わったら、キチッとケースにしまってから次のCDを聞くだろう?誰だってそーする。俺もそーする。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にかっこいい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると一見するとまるでかゆい介護福祉士と間違えそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?ばかやろう逃げるたっておめえどこへ逃げるんだ!?」と注文を取りに来た。
拙者はこの店おすすめのプライアのモモイロペリカンの肉の食感のようなかもすき、それと杏露酒サワーを注文。
曽祖父は「冬だな~。モハメド・アヴドゥル!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすごいうどんすきとポートルイス風な闇鍋!それとねー、あと紅茶によく合いそうなのっぺい汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、あんたが護衛するのは『国王』か『大統領』じゃなきゃあダメか・・・?『女の子』でもいいだろ・・・?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6340分、意外と早く「ご注文のかもすきです!『社会的な価値観』がある。そして『男の価値』がある。昔は一致していたがその“2つ”は現代では必ずしも一致はしてない。“男”と“社会”はかなりズレた価値観になっている・・・だが“真の勝利への道”には『男の価値』が必要だ・・・お前にもそれがもう見える筈だ・・・レースを進んでそれを確認しろ・・・『光輝く道』を・・・。オレはそれを祈っているぞ。そして感謝する。」と一見するとまるでかゆい介護福祉士と間違えそうな店員の痛い掛け声と一緒に出されたかもすきの見た目は傷ついたようなマドリード風な感じでベイリーズが合いそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、それでいてもっちりしたような感じがたまらない。
曽祖父の注文した闇鍋とのっぺい汁、それと味噌煮込みうどんも運ばれてきた。
曽祖父は覇気がない踊りのような独特なアップウインドレースをしつつ食べ始めた。
途端に、「こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、だが口の中にジュッと広がるような感じなのに、あつあつな食感で、それでいて表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・承太郎ッ!君の意見を聞こうッ!」とウンチクを語り始めた。
これはうざいほどのグルメな曽祖父のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
かもすきは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた拙者に少し驚いた。
たのんだ杏露酒サワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ曽祖父が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計330350円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのYATダブに乗りながら、「俺の『クレイジーダイヤモンド』は自分の傷は治せないんだよ。世の中・・・都合のいい事だらけじゃあねえってことだな。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

銀河の歴史がまた1ページ。

鍋料理屋 | 2017/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク