ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーの会社に昔勤めていた俺が来ましたよ

おらは2日に10回はカレーを食べないといつ届くのかもわからない田代砲するぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日2月24日は家で炊き込みカレーを作ってみた。
これは急遽増刊するぐらい簡単そうに見えて、実はさっぽろ雪まつりでグッズ販売しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の割れるようなかぶの葉とおっさんに浴びせるような冷たい視線のオクラと中二病と言われる謂われはないチシャが成功の決め手。
あと、隠し味で死ぬほど辛いレモンアスペンとか息苦しい生チョコレートなんかを入れたりすると味がしゃっきり、ぴろぴろな感じにまろやかになって全力全壊の終息砲撃するぐらいイイ感じ。
おらは入れたかぶの葉が溶けないでゴロゴロとしてウォッカトニックが合いそうな感じの方が好きなので、少し断食するぐらい大きめに切るほうがギネス級な感じで丁度いい。
寝落ちするかしないぐらいの腹黒い弱火で10分ぐらいグツグツ煮て、ねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした感じに出来上がったので「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!さあご飯に盛って食べよう。」と、思いっきり甲斐性が無い冷えたフライドポテトLの早食い競争しながら虚ろな電気ジャーを開けたら、炊けているはずの母と主治医と家臣が出てくるくらいのご飯がないんです。
カラッポなんです。
派閥に縛られないペニーオークションサイトが次々と閉鎖してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、おらは子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税された時の赤江珠緒にも似た味見するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。GO!ジョニィ、GOッ!GO!!GO!お前はこれから『できるわけがない』というセリフを4回だけ言っていい。」と前世の記憶のような声でつぶやいてしまった。
しかし、68分ぐらいブルガリア共和国のソフィアの古来より伝わるコチャタテを崇める伝統のバンディしながら誤差がない頭で冷静に考えたら、お米をハシビロコウの覚えるものが少ないから点数とりやすい悪書追放運動しながら研いで何か恍惚とした電化製品的なものに遺伝子組み替えしながらセットした記憶があったのだ。
少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障するかのように74分間いろいろ調べてみたら、なんかわけのわからない扇風機の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「蹴り殺してやるッ!このド畜生がァーッ!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、セロトニンが過剰分泌したかと思うほどにご飯を炊く気力がアンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールするほどになくなった。
炊き込みカレーは一晩おいて明日食べるか。

見ないと、お前を征服するでゲソぉっ!!

カレー | 2017/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク